昔のAD生活再び?イスを並べて就寝 @廈門高崎国際空港【中国】❷ SLEEPING AIRPORT

「廈門(あもい)空港で夜を明かすのは、あんまりオススメできません。。」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
廈門(あもい)空港で夜を明かすのは、あんまりオススメできません。。

 

こんにちは、「カナダワーホリ前旅行」中、たかむね(@takaholi29)です。

前回記事でお伝えした香港から、ついに北米へ向かいます。

【関連記事】

「「プライオリティ・パス」を持っていれば、超豪華な空港ラウンジを使えますよ!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px...

 

 

そして、今回は中国の廈門でトランジットなのですが、この空港で一夜を明かしました。一言で言うと、いろいろと大変でした。そんな空港ステイレポートいってみましょう。

スポンサー リンク

 

今回利用した「厦门空港」と「厦门航空」

中華人民共和国、福建省南部の都市「厦门(Xiamen/シィアメン/廈門/あもい)」。中国5大経済特区の1つです。

この都市の国際空港が「廈門高崎国際空港(厦门高崎国际机场)」。ちなみに2020年開業予定の「厦门翔安国际机场」に代わり、今後は閉鎖予定だそうです。

この空港を拠点にしている、航空アライアンスSkyteamメンバーである「厦门航空(Xiamen Air)」。今回はこのエアラインに乗り、「香港 ▶︎ 厦门 ▶︎ 深圳 ▶︎ シアトル」というフライトです。

香港を21時に発ち、1時間後厦门に到着。深圳経由シアトル行きの便が翌日の9時発のため、厦门空港で一夜を明かすのが今回の経緯です。

香港発厦门行の、ボーイング737-800

厦门に到着し、さっそく寝床探し

フライトが1時間ほど遅れ、厦门に到着したのが23時ごろ。

ターミナル3の到着ロビーです。こんなところから出されました。台北や香港とは明らかに異なる社会主義のニオイをビシビシ感じます。中国に入ると、「ちょっと危ないところに来たなー」という感覚が毎回拭えないんですよね、申し訳ないですけど。。

ということでさっそく寝床を探すんですが、

このタイプのベンチしかないんですよね。。。

しかも充電できるチャージポイントはおろか、イスが幾つか並んだ腰をかけられるスペースすらない。「国際空港」と言う割には、設備が不十分すぎる。

そして空港職員さん曰く、「もう直ぐ建物が閉まるから、ここでは寝られないよ」

 

 

乗り換え客用ラウンジを案内されるも、、

「2つ下の階に乗り換え客用のラウンジがあるから、そこに行くと良いですよ。」

チェックインカウンターにいたおねいさんに尋ねてみるとそう言われました。

「Transfer Passenger Lounge」と確かに大きく記載されているので、「けっこうきちんとしたところで寝れるかな」とちょっと期待して向かいます。

誰もいないです。。。閑散としてますけど。。。

どうやらこの奥みたいです。

「おお!期待以上のしっかりしたラウンジ」。珍しく空港で寝られそうです。そして結果は、、、

もうクローズしていました。。。受付のお兄さんに、他に寝れる場所を尋ねてみるも、英語も通じない。。

 

結局マクドナルドで寝ることにした

到着階の一つ下に幾つかの飲食店がありました。「24時間営業ならここで朝まで過ごして、最悪明日の飛行機内で爆睡すればいいか。」

「あー、あと30分でクローズします」
by 奥から出てきた英語が通じるマネージャーらしき方

閉店後、このスペースはシャッターが閉まらず、滞在することができました。上の階の鉄円形ベンチで寝ていた女の子もマックに移動して寝ていました。⬆︎

横になれるソファーが他になかったので、無理やり自分で今晩のベッドをこしらえます。

できましたー!4列硬イスベッド。今晩はこれで就寝。若干寒かったですが、ダウンを着込んでマフラー巻いて防寒バッチリ。無事に朝を迎えられたのでした。

イスを並べて寝るなんて、数年間にやっていたテレビ番組のAD時代以来。あの時は少しでも睡眠時間を確保するために、いたるところで寝てましたからね。そんな経験もあって、今回みたいな状況にも対応できてしまいます。そういう意味では、激務のADをやってて良かったのかもしれませんね。

 

その他の寝床候補

① KFC

マクドナルドの反対側にはKFCがあります。こちらは深夜1時まで営業。

KFCにもこんなスペースがあり、何人かの人がここでも寝ていました。やっぱり早朝便で空港に泊まる人はたくさんいますね。

② マッサージチェアーコーナー

マクドナルドとKFCの間にはマッサージチェアーコーナー。ここは東南アジア系の旅行者らしき人々が陣取っていました。

 

まとめ:厦门国際空港で寝るのはやめたほうが良い

僕が寝ている間、ちょくちょく目が覚めたのですが、けっこう多くの人が寝床を探してウロウロしていました。やっぱり早朝便のために空港に泊まる人はけっこういるんですね。

厦门空港側ももう少しそういった利用客のためにベンチを用意するなり、もう少し利便性を図った方が良いと思うんですけどどうなんでしょう?中国人の感覚だとそんなもんなんですかね。これぐらいの地方都市ですと。

とりあえず、厦门国際空港で寝るのは全くオススメできません。近くのホテルなりを取りましょう、お金に余裕があれば。僕は次回もここで寝ますけどね、節約のために。そしてこれが楽しかったりするので。

そんな厦门国際空港泊でした。ではまた!

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください