【London宿泊レポ⑤】ロンドン旅行はこのホステルで間違いなし!「wombat’s CITY HOSTEL London」

「各国今までの中で3本の指に入るホステル。1泊£30が問題ないなら、絶対に泊まって大満足なロンドンの宿です!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
各国今までの中で3本の指に入るホステル。1泊£30が問題ないなら、絶対に泊まって大満足なロンドンの宿です!

 

こんにちは。各国の安宿、所謂「バッパー」「ホステル」「ゲストハウス」を、50軒以上は利用してきました、たかむね(@takaholi29)です。

ついに、見つけました!今までの利用してきた中で、個人的に最高ランクのホステルです。宿泊料金が1泊30ポンド(約4,500円)と、一般的なロンドンのホステルの相場としては割高ですが、その宿泊料金の価値以上のクオリティです。セキュリティもしっかりしていますので、女性も比較的安心かと。

もしロンドンの滞在で1泊あたり30ポンドの予算があるのであれば、僕は絶対にこの「wombat’s CITY HOSTEL London」をオススメします!

言葉で説明するよりも見た方が早いので、早速いってみましょう。たくさん画像を撮ってきたので雰囲気を感じてみてください。ではどうぞ!

 

宿泊の予約は、最後に各ブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ
2,000円がキャッシュバック
のBooking.comプログラム特典もご利用いただけます。

 

 

スポンサー リンク

立地:Zone1の駅から徒歩5分

まずはこちらをご覧ください。ロンドン市内中心部の路線図です。

ロンドンの地下鉄PDFの路線図ダウンロードはこちら

クリックで拡大できます

最寄駅は地下鉄、Circleライン、またはDistrictラインの「Tower Hill」駅です。Zone1内のため、ロンドン各所へのアクセスもバッチリです。

駅を出て南には、ロンドンのアイコンの1つ、ロンドン塔やタワーブリッジがすぐ。

ロンドン塔とTower Hill sta.

タワーブリッジ

Tower Hill」駅からホステルまでは徒歩5分ほど。

この茶色の建物がウォンバッツ・シティ・ホステル。かなり規模が大きいホステルです!

 

ホステル内:とにかく広い、キレイ、雰囲気抜群

【ground floor】レセプション

入り口すぐ横がレセプションです。

まず入ってみて思ったのが、館内が明るく、利用客も多くて賑わっているな、という印象。ホステルに到着したのは午前10時ごろ。チェックアウトのお客さんがたくさんいたのもありますが、とにかく雰囲気がすごくいいなと思いました。

レセプション奥には足を伸ばせてくつろげるスペース。

そしてラゲッジルームがあり、チェックイン前でも荷物を無料で預かってもらえます

チェックイン時間の14時前に到着したのであれば、荷物を預けてロンドン観光に出かけても良いですし、このスペースで休憩してくつろぐのもありですね。

常時このような感じで人がおり、良い雰囲気です。

さて、チェックイン時に、ベッドタグ、キーカード、部屋番号が書かれたホステル案内、フリードリンクチケットがもらえました。ちなみにデポジットに£5がかかります。

レセプション横の扉から、内部へ。レセプションエリアからこのエレベーターホールに入るには、カードキーが必要です。

グラウンドフロアを含めて7階建て。ベースメントもあるので全8フロアです。広い!

 

【3rd floor】8人ミックスドミトリー

今回案内された部屋は3階でした。通路も広いです。

またセキュリティーもしっかりしています。各階のエレベーターホールごとに部屋に通じる通路にも常時ロックがかかっています。ですので、その階のカードキーが無いと入れません。自分が宿泊している部屋の階には入れないので、比較的安全面も高いです。

部屋に入るまでにカードキーを3回使います。①ホステル内部に入る際、②エレベーターホールから部屋の通路に入る際、そして③自分の部屋を開ける際です。

では、実際に泊まったミックスドミトリー8人部屋を見てみましょう。

第一印象は「部屋が広い!」ということです。

たいていのホステルは、宿泊人数を稼ぐために部屋の内部の大部分を2段ベッドが占めています。ですので、いつもスーツケースを置く場所に困ります。またケースを広げて荷物整理をするのも中々大変です。

しかし、この部屋は比べものにならないほど広い!2段ベッドが4台あります。この部屋の広さで通常のホステルだったら、あと3台はベッドが設置されていて、14人部屋なんて全然ザラにありますよ!

ベッドやロッカー、内装など全てがシンプルなので清潔感もバッチリ。もちろんきっちり清掃がいき届いていまして、非常にキレイでした。

そして、ちょっと変わったシステムなのですが、自分のロッカーは決まっているのに、ベッドは空いている好きな場所を選べるというもの。このパターンは初めてです。

自分の確保したベッドに目印としてチェックインの時に受け取ったタグをベッドに引っ掛けておきます。

ちなみにこのタグはチェックアウト時に返却をします。なくしたら2ポンド罰金です!

各ベッドの枕元に、電源コンセントとUSBの充電ポート。明かりも付いてます。

実際に色々なホステル利用してみての僕の経験なのですが、各ベッドに電源が設置されているのは、利用者としては本当にありがたいです。各ベッド電源が無いホステルも普通にたくさんありますからね。

個人ロッカーも大容量。60Lの僕のコロコロバックパックも簡単に入りました。

これも初めてのタイプなのですが、カードキーがロッカーとリンクしています。自分で鍵を持参する必要がありません

通常のホステルですと、個人ロッカーが無い部屋は多々あります。

また、個人ロッカーがあったとしても、鍵は設置されておらず、持参の南京錠を使わなければいけないものがほとんどなのですが、鍵を自分で用意する必要が無い今回のタイプのロッカーはかなり珍しいです。

南京錠を持参している旅行者って、けっこう旅慣れた人だと思うんです。ですが、普通の旅行者が自分の鍵をあまり持ってこないことを考慮してか、ここまで細かいところのサービスが行き届いているのは、非常に利用者目線で考えられていると思います。

部屋の中には、シャワールームとトイレが別々にありました。左の扉がシャワールームで、右がトイレ。

さすがにドライヤーは完備されていませんでした。ボディージェルやシャンプーも残念ながらありませんでした。ここが改善されると申し分ないのですが。手洗い用のソープのみです。

ちなみに、バスタオルは無料で貸し出しされています。レセプション横にたくさん用意されていますので、自分でゲットしましょう。

トイレももちろんキレイです。

 

【basement】バー、テラス、キッチン、ランドリー

宿泊者が誰でも利用できる設備は、地下1階にまとまっています。

地下1階のエレベーターホール横が入り口。ここもしっかりロックされているので、自分のカードキーで開けます。

レンガ作りの内装がちょっとしたテーマパークのような感じ。

キッチン

さて、まずはキッチン。奥の一室がそれです。

真ん中のテーブルにコンロ。調理器具や食器類もしっかり揃っています。そこまで大きいものではないですが、冷蔵庫と冷凍庫も完備。

さすがに、無料で飲めるコーヒーやお茶は置いていませんでした。使い切れなかった食品がフリーフードの棚にいくつかありますので、塩や胡椒、油などのちょっとしたものはここにあります。

ホステルの規模の割に、このキッチンを利用している人はさほどいませんでした。皆、外食で済ませてきているので、こみ合わずゆったりとここで料理ができます。

テラス

キッチン横はテラスになっています。昼間からここでビールを楽しんでいる人もちらほら。

こんなハンモック?もありました。

バー

奥に見えるのがバーカウンター。チェックイン時に渡されたフリードリンクチケットはここで使えます。

そして、この右側に広々とした共有スペースがあります。

ここにも寝っころがりスペースがあるのと、奥には、

ランドリーがこんなところにありました。笑

昼間はこんな感じで閑散としていますが、夜になり、バーがオープンする18時以降から徐々に人が集まり出します。

そして夜にはフロアは、ほぼ人でいっぱいになりました。笑

利用客は西洋系の若い人たちが大半のため、みんな遅くまでお酒を飲みながらワーワー騒いでいます。この輪の中にガツガツ入っていけるのであれば、知り合いがたくさんできますよ!

 

充実の朝食(£4.90)

このバーエリアは、朝の時間帯に朝食スペースとなります。この朝食の充実ぶりが、このホステルの魅力の1つでもあると思います。

時間は、06:30から11:00までです。無料ではなく、食べるには朝食チケットをレセプションで購入する必要があります

値段は£4.90、およそ700円くらいです。「高いなー」と思ったのですが、思いの外充実した品揃えで、コストパフォーマンスはなかなか良いな、というのが感想。

ここでスタッフさんに朝食チケットを見せると、

食器が渡されます。

ラテにカプチーノ、ホットチョコレートも飲めるコーヒーマシンがありがたい!

各種シリアル、フルーツポンチ、そしてトーストに塗るスプレッドも揃ってます。

そして、チーズが2種類、肉は3種類。普通のホステルですと、トーストやシリアルはあっても、このチーズ&お肉はまず出てきません。

みなさん思い思いの具を挟んで、パニーニを作っていました!

簡易的ですが、フルーツとサラダも。

ここまで充実している朝ごはんはなかなかレアです。£4.90でこれらが食べ放題なら、払う価値は十分ですね!

 

まとめ:予約はこちらから

さて、ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドン、いかがでしたでしょうか。

立地の良さも去ることながら、とにかくホステル自体がとても充実しています。部屋やその他のエリアなどがとにかく広くてキレイ、雰囲気も良し。そしてセキュリティもしっかりと、女性も安心して滞在できるホステルだと思います。

価格帯も他のホステルと比較すると若干高いため、格安ホステルにいるような長期滞在者もいません。軽い偏見が入ってしまいますが、そういう人たちの多くは他の宿泊客にあまり気を使えないと言うか。。

ですが、ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドンは、ほぼ旅行者ばかりですので、ここでは快適に過ごせると思います。朝食も充実していますしね!

ウォンバッツ・シティ・ホステルのHP

また、このウォンバッツ・シティ・ホステルは他にも、オーストリアのウィーン、ドイツのベルリンとミュンヘン、ハンガリーのブダペストにもあるようです。

ここロンドンの施設がこのように快適であり、他にも数カ国で展開しているとなると、そちらも充実のしたホステルなのだろうなと思います。ヨーロッパ大陸に行った際には、有力な滞在先候補も見つかりましたし、万々歳な今回のホステル利用でしたね。

 

では、以下にウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドンの宿泊をまとめます。

【満足点】
 最寄駅はZone1、ホステルまで徒歩5分の好立地
タオルが無料貸し出し
セキュリティーがしっかりしている(個人ロッカーの鍵持参不要)
朝食が充実している

【不満点】
ドライヤー、シャワージェル、シャンプーは無し(要持参)

 

予約は、以下のリンク先からどうぞ。

ロンドンを訪れた際にはぜひこの「wombat’s CITY HOSTEL London」を利用してみてくださいね!

ではまた次回。素敵なロンドン旅行を!

 

wombat’s CITY HOSTEL London
(ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドン)

【Adress】:7 Dock St, Whitechapel, London E1 8LL
【TEL】:+44-20-7680-7600
【Check-IN】:14:00〜
【Check-OUT】:〜10:00

 

 

 

★予約はこちらのリンクから(キャッシュバック特典あり)

2,000円がキャッシュバック!Booking.comプログラム特典はこちら
★︎ https://www.booking.com/s/34_6/7fc7c17e

 

 

▶︎ 【agoda で予約】wombat’s CITY HOSTEL London(ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドン)

▶︎ 【Booking.com で予約】wombat’s CITY HOSTEL London(ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドン)

▶︎ 【エアトリ で予約】wombat’s CITY HOSTEL London(ウォンバッツ・シティ・ホステル・ロンドン)

 

@ロンドン / その他のおすすめ宿

「キングスクロス近くの小さな発電所ホステルで旅行のエネルギーをチャージして、ロンドン滞在を楽しみましょう。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width:...
「安定のクオリティ、ユースホステル。老若男女、家族に団体さんなど、様々なタイプの方々が利用されていました!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width:...
「イギリス初のプライベートカプセルルームがロンドンブリッジに!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;ma...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください