【カナダワーホリ記11】入国から5か月/新しい店「ブリオッシュ・ドーレ」でも順調なスタート

「リニューアルオープンから1週間。お店も僕自身も順調な滑り出しです。」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
リニューアルオープンから1週間。お店も僕自身も順調な滑り出しです。

 

こんにちは。オーストラリアに引き続き、カナダのトロントでワーホリ中、たかむね(@takaholi29)です。

ローカルのお店で働き始めて4か月が経ちました。入国して働き始めたコーヒーショップ、Timothy’s World Coffee(ティモシーズ)。その後リノベーション工事を経て、現在はBrioche Doree(ブリオシュ・ドーレ)というベーカリーカフェになっています。

さて、そのブリオシュ、リニューアルオープンから1週間が経ちました。現在週5日のフルタイムで勤務していますが、ここまでのその様子を簡単に振り返りながら、その仕事について、また僕の「英語」について簡単にご報告したいと思います。

 

スポンサー リンク

 

仕事について:社員さんらから信用してもらえているようです

ティモシーズからブリオシュにブランドチェンジをするにあたり、今までのパートタイムからフルタイム勤務へとマネージャーに変更をお願いしたわけですが、おかげさまで週に40時間は安定した労働時間で勤務をさせてもらえるようになりました。お店自体は朝から開いていますが、僕の基本的な勤務時間はお昼から夜のクローズまで。

新しい店舗にはキッチンが増設されたため、スタッフが前店のコーヒーショップよりもかなり増えました。ピーク時には8人ほど。キッチンに半分レジに半分、という具合です。そして昼過ぎから徐々にキッチンスタッフらが退勤していき、夕方以降はレジスタッフ2人でお店を担当し閉店作業まで行います。

そして僕の週5日の勤務の中、5日間とも毎回クローズ作業までを行なっています。そしてその都度、もう1人のスタッフは毎回異なる人がパートナーです。

クローズ作業自体難しいものではないのですが、最終的なお金の管理であったり、オープニングスタッフが翌朝すぐに作業に取りかかれるように、物品の準備や店内のクリンリネスなど、意外と責任がある仕事だと僕は感じています。そんなポジションを新装開店から任せてもらえており、本当に感謝しているところ。

度々触れていることですが、僕はまだまだ「英語」という点で他のスタッフとはかなり劣っています。ですから、接客態度や自分から進んで仕事に取り組もうとする態度など、その英語面をカバーできるようにこれまで仕事に取り組んできました。そしてそのティモシーズで働いていた際、担当マネージャーは2人いたわけですが、このブリオシュには現在その2人も在籍しています。

僕の仕事ぶりはまだまだ至らない部分は多々あると自分では思っているのですが、それでも彼らは「You are always amazing!」「You really work hard!」などといつも声をかけてくれます。それもこれも、これまでの4か月間、前店ティモシーズでの勤務を必死に取り組んできたおかげではないかと。店のメンバーとして自分はやっていけるんだな、と少し自信がついたところです。

 

英語について:再び伸び悩みを感じるも、まだまだこれから

そして「英語環境」について。

新しい在籍スタッフも増え、ティモシーズ時のほぼ倍の人数になりました。そして社員スタッフさんも今まで以上に一緒に働く機会が増えました。それもこれまた多様な顔ぶれ。全員のバックグラウンドを把握しているわけではないですが、新たに加わったスタッフはフランス系?、メキシコ人、イラン出身、インド界隈などなど、北米以外にルーツを持つ方々もたくさん。もちろん皆英語が非常に堪能であり、僕よりもはるかに英語がうまいです。

ですので、彼らの会話についていけないことが多々あり、「マジで自分の英語はクソだな。。」と、その都度僕の英語の拙さに落胆していたりします。しかしこれはもうしょうがないこと。自分で何とかするしかない。有難いことにこちらから話しかけても、きちんと耳を傾けてくれるので、積極的にコミュニケーションを取りにいくしかないです。

プラス、このお店に来るお客さんは、時間をかけて注文をされる方が多いです。新しいブランドのお店ということもあり、色々と質問を受けることも多々あったこの1週間。理解はできても。こちらから説明をしようとするも僕の英語では伝わらないことが多々。

そんな時は仕方がないので、他のスタッフにヘルプ!彼らの説明に聞き耳をたてて、表現を盗むのです。とにもかくにも、僕の英語はまだまだ。この新しい環境でさらなるブラッシュアップを目標に働きたいと思います。

 

次回予告:ちょっと短期でイギリスに行ってきます

今回の記事から話は逸れますが、このあと数日ほどイギリスへ行ってきます。来年に3か国目・イギリスでのワーホリを予定しているのですが、もうぼちぼち入国しなければ、せっかく取得したビザが失効してしまします。

【関連記事】

2017 イギリスワーホリビザ(YMS)に当選!WH3カ国目が決定
「ワーキングホリデー、どこの国に興味がありますか??」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 au...

 

 

と言いますか、もう入国してこの記事をロンドン市内で書いています。笑

ですので、以降の記事はイギリスワーホリ関連の記事や、海外旅行情報を少しですがアップ予定。2月にカナダに入って以来5か月ぶりに飛行機でトロントを脱出。久しぶりの異国の地でかなりテンション高めです。

僕の人生最初の海外、イギリス。10数年ぶりの渡英で、色々と当時の記憶が蘇ってきます。元はアメリカンイングリッシュよりブリティッシュイングリッシュ派。それがオーストラリアワーホリ中に北米に興味が移行したものの、今回の渡航で英国に強く惹かれないわけはありませんでした。やはり、僕はイギリス派な気が。。。

相も変わらず、思考も行動もフラフラしてます。ということで今日はこの辺りで。また次回。

 

◀ 前回の「カナダワーホリ記10」へ戻る

【カナダワーホリ記10】前日準備/ついに明日リニューアルオープンのブリオッシュ・ドーレ
「待望?のお店がついに明日オープン!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @media (max...

 

次回の「カナダワーホリ記12」へ進む ▶

【カナダワーホリ記12】折り返しの6か月が経っての現状と今思うこと
※ この記事をアップしたのは9月の下旬ですが、内容的には1か月前の8月下旬の話になります。 「カナダワーホリ半年経過。あと半年"しか"残っていませ...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です