【宿泊レポ】私的おすすめニューヨークの格安ホステル「International Students Residence」@ブルックリン【アメリカ】

「私見たっぷりにオススメしたい、ブルックリンのおしゃれなホステル。ニューヨーク格安旅行にうってつけです!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
私見たっぷりにオススメしたい、ブルックリンのおしゃれなホステル。ニューヨーク格安旅行にうってつけです!

 

こんにちは。オーストラリアとカナダを終え、3ヵ国目のワーホリのためイギリスに向かっています、たかむね(@takaholi29)です。

数日のニューヨークトリップ。今回の滞在では、ブルックリン地区のホステルを利用したのですが、ここがかなり快適。それが「International Students Residence(インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)」(以下、ISR)。

最寄駅からは徒歩5分。マンハッタンにも簡単にアクセスできる好立地です。施設自体もおしゃれで清潔。広々とした共有スペースが何よりも魅力的で、様々な国から訪れている旅行者と知り合うことができます。

あなたのニューヨーク旅行に、自信を持ってぜひオススメしたいホステル。今回の記事で紹介させてください。ではいってみましょう。

 

宿泊の予約は、最後に各ブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ
2,000円がキャッシュバック
のBooking.comプログラム特典もご利用いただけます。

 

スポンサー リンク

 

ISR の立地

今回ご紹介するインターナショナル・スチューデンツ・レジデンス(ISR)は、マンハッタンからEast Riverを挟んだブルックリンにあります。

最寄駅は「Marcy Av. Sta.(マーシー・アヴェニュー駅)」

もちろんマンハッタンにもその他の宿泊施設はたくさんあるのですが、どこもかなり高い!1泊US$50でも僕は高いと思ってしまうのでパスです。そう考えると、マンハッタンまで1駅でアクセすできてしまうこのホステルは、値段もコストパフォーマンスも非常に都合が良い。

もちろん値段はシーズンによって変動しますが、僕が4月の第1週に宿泊した際は1泊US$40。別の月でも料金を調べてもみましたが、さらに安く泊まれる時期もあります。

駅からISRまでは、たった150mほど。徒歩にして3分で着いてしまいます。

駅からの行き方を、この記事の最後に画像付きで解説していますので、参考にしてみてくださいね。

 

ISR の施設

ガラス貼りの外観。さすがおしゃれなブルックリン。

レセプション

扉を開けると、右側にソファーが1つ。左奥がレセプションとなっています。

チェックインは15時からですが、早く着いてしまっても荷物を預かってもらえます。もちろん無料です。

そのままNY観光に向かっても良いですし、もし疲れていて一休みしたければ、隣にある広々とした共有スペースでゆっくりすることもできますよ。共有スペースに関しては、後ほど。

チェックインを済ませると、こちらのカードキーを受け取ります。下の画像のレセプション横から部屋へ向かうBの扉と、自分の部屋を開ける時に使います。

 

宿泊した部屋:ドミトリー2人部屋

では階段を登って2階以上の宿泊フロアへ向かいます。エレベーターは無いので、大きな荷物を持っていると少々大変なのが難点です。

今回の部屋は3階。一番奥でした。

こちらは建物の裏側になります。

ちなみに表に面するBroadway の項か高架上には電車が走っています。裏側の今回の部屋でもその騒音がけっこう気になったので、この部屋とは反対側の部屋はかなりうるさいと思います。

こちらが2人部屋ドミトリー。

決して広くは無いのですが快適です。鍵をかけれるボックスはありますが、鍵は付いていないので自分で南京錠を持っておきましょう。こういったホステルでは必須のアイテムですね。

そして部屋は完全な個室ではありません。上が抜けているので、廊下を歩く人の足音や他の部屋の話し声なども聞こえてしまいます。

僕の部屋は、トイレの目の前だったので、結構な人が出入りし、ちょっと気にはなりました。

 

トイレ兼バスルーム

そんな、トイレ兼バスルームがこちら。

液体のソープは設置されています。他の利用客が置いていったようなシャワージェルなんかもありました。もちろんドライヤーは無し。

シャンプーや歯ブラシ類はこういった格安施設に設置されていないのが通常ですので、ドライヤーも含めてそれらもホステル宿泊必須のアイテムです。

 

共有ラウンジ(キッチン併設)

さて、部屋で基本的に飲食はできないため、共有スペースを使いましょう。

一度建物の外に出て、「cafe」と書かれた扉がその入り口です。

入ってすぐパソコンが2台と、テーブルサッカーゲームの台。一番奥に赤色のソファー。

ソファーから出入り口がこのような感じです。

ご覧の通り、卓球台やビリヤード台もあって遊べます。テーブルでパソコン作業をするのもよし、ソファーでゆったりするのもよし。皆さん、思い思いに過ごしていました。

キッチンも広々として非常に使いやすかったです。基本的な調理器具は揃っていますので、不便さは全く感じませんでした。

 

Marcy Ave.駅からの行き方

では、Marcy Ave. Sta.(マーシー・アヴェニュー駅)からISRへの道筋を、画像でご案内します。

こちらがそのマーシー・アヴェニュー駅。ISRの方角は東です。降りた電車と同じ進行方向へ進みます。

駅の真下、Broadway と Marcy Av. の交差点。ISRがあるのは Broadway の北側ですので、向こう側へ渡ってしまいます。後はひたすら直進するだけです。

約150mの距離。歩いてすぐでした。

 

まとめ:感想/詳細/予約方法

さて、インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス、いかがでしたでしょうか。

格安ニューヨーク旅行におすすめしたいブルックリンのこのホステル。ここよりもさらに安いホステルは他にも幾つか見受けられましたが、宿泊料金、最寄駅やマンハッタンへの便利なアクセス、施設の充実度などトータルで考えると、とてもコストパフォーマンスが高い良い宿だと思いました。

何よりも、共有スペースがとっても快適。様々な国の人たちがこのホステルに来ており、出会いもたくさんあります。実際に、僕はサウジアラビア出身のお茶目な性格の留学生や、短期旅行で滞在していたそれはそれは心優しいオーラ満載のフランス人と仲良くなれましたよ!

 

では、以下にISRの宿泊をまとめます。

【満足点】
● 一泊約US$40と、他の宿泊施設に比べてリーズナブルな料金
● 最寄駅から徒歩3分、マンハッタンへも1駅の好立地
● 対応が非常に親切なスタッフさん
● 部屋、バスルーム、共有スペース、全てが清潔で快適
● 各国から来ている人たちと知り合いになれる

【不満点】
特に無いのですが、強いて言えば電車が走る騒音でしょうか。ただ、そこまで頻繁に走っているわけではないですし、苦にならない人には全く問題無いと思います。

 

一人旅や友人との利用には最適なこのホステル。NY旅行の機会がありましたらぜひ利用してみてくださいね。きっと満足のいく滞在ができると思います!

予約は、以下のリンク先からどうぞ。

それでは素敵なニューヨーク滞在を!

International Students Residence
(インターナショナル・スチューデンス・レジデンス)

【Adress】:341 Broadway, Brooklyn, NY 11211, USA
【TEL】:+1-718-486-0004
【Check-IN】:15:00〜
【Check-OUT】:〜11:00

 

 

★予約はこちらのリンクから(キャッシュバック特典あり)

2,000円がキャッシュバック!Booking.comプログラム特典はこちら
★︎ https://www.booking.com/s/34_6/7fc7c17e

 

 

▶︎ agoda で予約 : International Students Residence (インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)

▶︎ Booking.com で予約 : International Students Residence (インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)

▶︎ Expedia で予約 : International Students Residence (インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)

▶︎ Hotels.com で予約 : International Students Residence (インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)

▶︎ じゃらん.net で予約 : International Students Residence (インターナショナル・スチューデンツ・レジデンス)

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

たかむね

オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。