【宿泊レポ】シアトルのおすすめ安宿「Green Tortoise Hostel」【アメリカ】

「アメリカ・シアトルで手頃に泊まれる宿をお探しだったりしませんか?」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
アメリカ・シアトルで手頃に泊まれる宿をお探しだったりしませんか?

 

こんにちは。「カナダワーホリ前旅行」中、中国からようやく北米に到着した、たかむね(@takaholi29)です。

さて、とあるスターバックスのお店を見たいがために1泊したシアトルなのですが、僕がいつも使っている格安ブッキングサイト「アゴダ(agoda)」で宿を探してみるとどこもそんなに安くないんですね。だいたい1泊30 USドルくらい。そして、ホステルの数自体も少ない。というか数件しかない。。。日本や香港では、2000円以下ばかりのゲストハウスに泊まってきた僕にとっては、ちょっとしんどいシアトル滞在。。

そんな中今回利用した宿は、実際に泊まってみてかなりオススメしたいホステルでした。それは、観光地パイク・プレイス・マーケット目の前、スターバックス1号店も近くの、「Green Tortoise Hostel(グリーントータスホステル)」。「tortoise(トータス)」は「カメ」を意味します。シアトル滞在にはここをオススメしたいと思います。

ということで、通称ミドリガメホステルのレビュー、いってみましょう!

 

宿泊の予約は、最後に各ブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ
2,000円がキャッシュバック
のBooking.comプログラム特典もご利用いただけます。

 

スポンサー リンク

 

最寄り駅から「Green Tortoise Hostel」への行き方

▲クリックで拡大可能

 

今回は、シアトル市内を走るモノレール・Link Light Railの「University Street」駅から、歩いて「グリーントータスホステル」へ向かいます。「University Street」駅は、シアトル・タコマ国際空港の「SeaTac/Airport」駅からおよそ30分ほどです。

【関連記事】

Seattle タコマ国際空港からダウンタウンへの行き方/ Link Light Rail @シアトル【アメリカ】
「シアトル・タコマ国際空港からダウンタウンへ行くのはとっても簡単!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !importan...

 

 

こちらはプラットフォーム内。改札も特になく地上へ出れます。

地上に出るとすぐが「3rd Avenue(サードアベニュー)です。この大通りを北へ進み、「Pike Street(パイクストリート)を目指します。

「3rd Avenue」がこちら。

ここが、「3rd Avenue(サードアベニュー)「Pike Street(パイクストリート)の交差点。スターバックスがあるので、ここを左に曲がります。

少し歩くと、左手にこれまたちょっとおしゃれなカフェが。この隣が「グリーントータスホステル」のエントランスです。

歩いておよそ10分。簡単な道のりでした。

 

内部

エントランス

レセプションは2階で。

階段を上がってすぐが受付です。ザ・アメリカンな白人の爽やか兄ちゃんが対応してくれました。

「グリーントータスホステル」なだけに、受付にはミドリガメたちがいます。

チェックインすると、カードのルームキー。そしてホステルの仕様説明が書かれた領収書がもらえます。Wifiコードも記載されています。

 

共有スペース

さて、この受付奥が共有スペースになっています。ホステル自体の規模が大きいからか、共有スペースもけっこうな広さで、時間帯によってはたくさんの人が利用していました。

特に晴れの昼間は日が差して心地よく、パイク・プレイス・マーケット前の交差点を見渡せる、なかなか快適な共有スペース。

昼・夜・朝と、時間帯別の画像が混在していて申し訳何のですが、その共有スペースの居心地の良さが分かると思います!

パスコンが数台設置されているスペース。

そこから奥に食事や、くつろぐスペースがあります。

夜はこんな感じ。若いお兄ちゃん立ちがお酒を飲みながら話をしていたり、ミドルなおばさまが一人でネットをしていたりと様々。

 

ラウンジ

そして、共有スペースの奥にラウンジがあるみたいなのです。

その入り口の扉がこれ。夜は、ギャーギャー騒いでる若い奴らが出入りしていて、ビビリの僕は中をの続ことができなかったので、下記の画像は、朝食時に誰もいない時に撮ったものです。笑 ご了承を。

夜に、お酒も入ってハイになっている彼らと絡むのはちょっと面倒いので、ここに入るのはちょっとためらっちゃいますね、やっぱり。笑

 

男子ドミトリー

では次に、泊まった部屋。設備自体は可もなく不可もなくですが、清潔で全く問題はありませんでした。快適そのもの。

僕の部屋は2階。左奥の扉です。

この扉を開けるためにも、カードキーが必要です。

開けると、5部屋ほどと、4つのシャワールームがありました。画像左の「101」が今回泊まった4人部屋です。

意外と広いです。

各ベッド、カーテンで閉めれるようになっていますし、

ベッド下にスーツケースを入れられるスペースがあるので、部屋を広く使えていいです!

もちろん電源も。やっぱり枕元に必須。オーストラリアのバッパーでは、各ベッドに電源が無いことがけっこうありましたからね。毎回僕はありがたみを感じるのです。笑

ファンもありました。もちろん各ベッドに1つ。シアトルの夏はきっと暑いんでしょう!

部屋の窓からは、パイクストリートが見渡せます。スタバのテラスもあったりして、ここからボーッと街の風景を眺めるのもまた一興。

 

シャワールーム

この階には「1A」から「1D」と、4つのシャワー件トイレルーム。

開けてビックリ、かなり広い。僕が今まで見てきたゲストハウスの中で、一番広くて快適なシャールームです。

出ました。天井の真上に設置されているパターンのシャワー。下に立ってノズルをひねると、最初は水が出てくるのでご注意を。

 

ランドリー

レセプションの反対側の奥にランドリー。

短期滞在でランドリーを使うことはあまりないかもしれませんが、ちゃんと洗濯もできます。

 

キッチン

再びレセプション横。上の画像の、左がの扉の奥がキッチンです。

調理器具はバッチリ揃っているので、自炊も可能です。

 

無料の朝食はけっこう充実!

朝になると、このような感じで、キッチンの前に無料の朝食が準備されています。

コーヒーにお茶。

シリアル用のミルクは2種類。

日本の「ガチャガチャ」みたいなのに入ったシリアルたち。器を下において、レバーをガラガラ回して、好きな量をとります。

食パンももちろんあり。スプレッドは、マーガリン、ピーナッツバター、いちごジャム、ブルーベリージャムの4種類でした。

また、画像は撮っていませんが、オレンジなどのフルーツも、この後用意されていました。キッチンを使って、目玉焼きや、ソーセージなんかを焼いたりしてアレンジすれば、かなり豪華な朝食が食べれます。

ということで、これが今回の僕の朝食。1泊30USドルですからね、朝食をガッついて、元を取りましょう。

 

まとめ:感想/詳細/予約方法

さて、シアトルのオススメホステル、「Green Tortoise Hostel(グリーントータスホステル)」の紹介でした。

このホステル、駅にも近く、ダウンタウンの中心にあるので、旅行の際に利用になかなか便利だと思います。シアトルのダウンタウンはかなりコンパクトでしたので、このホステルなら、十分シアトル観光が楽しめるのではないでしょうか。なかなかオススメのミドリガメホステルです。

さて、次回は、スターバックスに行ったお話を。1号店と、シアトルにしかないとある店舗。なかなか面白かったです。ということでまた次回!

Green Tortoise Hostel(グリーン トータス ホステル)

【住所】
105 Pike Street, Pike Market District, Seattle (WA), United States, 98101

 

【予約方法】
▶︎ agoda : Green Tortoise Hostel(グリーン トータス ホステル)

▶︎ Booking.com : Green Tortoise Hostel(グリーン トータス ホステル)

▶︎ エアトリ : Green Tortoise Hostel(グリーン トータス ホステル)

 

@シアトル/その他の記事

Seattle と言えばスタバ !! 1号店の時間別訪問レポ @シアトル【アメリカ】
「シアトルに来たなら、やっぱりスタバ1号店を見てみたくないですか !?」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !importa...
写真で雰囲気を感じて!まだ Seattle にしかないスタバ「Starbucks Reserve Roastery and Tasting Room」@シアトル【アメリカ】
「シアトルに来たなら、まだここにしかないスタバの店舗を見てみたくないですか!?」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください