イギリスの携帯電話/通信キャリアまとめ 2018

「これを読めば、イギリスの携帯電話事情を掴めます!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
これを読めば、イギリスの携帯電話事情を掴めます!

 

こんにちは。オーストラリアとカナダに続き、ワーキングホリデーで3ヶ国目のイギリスに滞在しています、たかむね(@takaholi29)です。

さて、現地で暮らすあたって必要なものと言えば、何と言っても携帯電話の番号ですよね。

そこでイギリスの通信キャリアを色々と調べてみたところ、けっこうな数の通信事業者が展開しています。そして、日本語で書かれた分かりやすい情報があまり無かったため、今回自分で簡潔にまとめてみました。

これからイギリスでの生活を開始される皆さんの参考になればと思います。ではいってみましょう。

スポンサー リンク

 

主な契約方式

まずは契約方式ですが、イギリスでは主に2種類。「Pay Monthly」と「Pay As You Go」 です。

また、契約時に携帯端末そのものを一緒に買うことももちろんできますが、現在ではSIMのみを購入し自分の携帯電話に挿入するのが一般的かと思います。ですので、SIMフリーの携帯携帯電話を自分で用意しておきましょう。

Pay Monthly(月額制)

月額契約方式です。基本的には24ヵ月契約ですが18ヵ月、12ヵ月、6ヵ月などの期間もあります。

このマンスリー契約ですと、基本使用量が少し高い分、月々の通話料が割引があり、As You Pay Go のプリペイド形式よりも料金がかからず、また内容のより良いプランが使える場合が多くあります。

ただし、契約時には身分証明書以外にイギリスでの銀行口座や住所の証明書などが必要となります。

長期でイギリスに滞在される予定の方は、こちらの Pay Monthly 契約が良いでしょう。

Pay As You Go(プリペイド方式)

Pay As You Go は、先に料金を支払いその分だけ使えるプリペイド方式。残金が無くなった場合は、インターネットなどからチャージ(Top Upと言います)をすれば再度使用が可能です。

通話料金などはPay Monthly 制に比べて高いですが、手間な契約も無く、解約時も手続きが必要ありません。

あまり携帯電話は使わないまたは短期滞在予定の方は、この Pay As You Go 形式が良いでしょう。

 

イギリスの主な通信キャリア

では、イギリスにおける通信キャリアをご紹介します。大手3社のEE、O2、vodafoneをはじめ、他にも多くのキャリアがあり、今回ここで紹介しているのは、11社です。

色々と調べてみると、業界はM&Aの合併買収等の影響でブランド名などが複雑になっており、僕の知識が追いついていないところも多々あるかと思いますのでその点はご了承ください。間違った情報がありましたらご指摘いただけますと幸いです。

ちなみに、今回はこちらのサイトを参考にしています。
The best phone network 2018 UK」by TECH ADVISOR(24 Apr 2018)

また、各社の料金比較の参考になるのがこちらのサイトです。
Compare deals from mobile networks」by uSwitch

EE(イーイー):旧orange + 旧TMobile

https://ee.co.uk/

Everything Everywhereを略した社名のイギリスの通信事業者。現在の国内における最王手のキャリアであり顧客数は約3000万人。

フランスの通信事業者(旧France Télécom/フランス・テレコム、現Orange S.A.Orange UKと、ドイツの通信事業者(Deutsche Telekom AG/ドイツ・テレコム)のT-Mobile UKの合併企業。

かつての4大キャリアは「O2」「Vodafone」「Orange」「T-Mobile」であり、後者2つがEEとして統合されたため、現在では業界1位のシェアを誇る。

O2(オーツー)

https://www.o2.co.uk/

スペインの大手通信会社(Telefónica, S.A./テレフォニカ)のイギリス現地法人Telefónica UK Limitedが「O2」のブランド名で展開するキャリア。イギリス国内では2位。元は国営のBTモバイル事業部。

Vodafone(ボーダフォン)

https://www.vodafone.co.uk/

ヘッドオフィスをロンドンに置く世界最大の多国籍携帯電話事業会社。イギリス国内でのシェアは3位。社名の由来は、Voice Data FONE (PHONE) 。

The best phone network 2018 UK」の記事内で述べられている、最新2018年4月24日に発表された「annual mobile customer service satisfaction survey」によれば、最下位の評価

Three(スリー)

http://www.three.co.uk/

Three UK」はインターネットプロバイダーも提供するキャリア。独自回線を持っている他キャリア(EE, O2, vodafone)と比較すると料金は安い。実店舗も構えている。

BT mobile(ビーティー・モバイル)

https://www.productsandservices.bt.com/mobile/

比較的参入が新しいキャリア。独自の通信回線を持たないMVNO(仮想移動体通信事業者)であり、業界シェア1位であるEEの回線を使用。インターネットブロードバンドのBT Broadbandに加入していれば、月額料金が5ポンド割引となる。

giffgaff(ジフガフ)

https://www.giffgaff.com/

giffgaff」もMVNO(仮想移動体通信事業者)。こちらは業界2位のO2の回線を使用。

The best phone network 2018 UK」の記事内で述べられている、最新2018年4月24日に発表された「annual mobile customer service satisfaction survey」によれば、Utility Warehouse と並びトップの評価

Plusnet(プラスネット)

https://www.plus.net/

固定電話、インターネットなどのデータ配信、テレビ放送、携帯電話などの移動体通信の4つのサービスを提供する事業者(quadruple play)。回線はEEを使用。

Sky Mobile(スカイ・モバイル)

https://www.sky.com/shop/mobile

Plusnetと同じく、4つのサービスを提供する事業者がSky UK Limitedそのモバイルキャリアが「Sky Mobile」であり、回線はO2を使用。

Tesco Mobile(テスコ・モバイル)

https://www.tescomobile.com/

MVNOであるTesco Mobile Limitedのキャリア。イギリスの小売チェーンTescoを運営するTesco plcの電気通信事業。使用回線はO2。

 

Utility Warehouse(ユーティリティ・ウェアハウス)

https://www.utilitywarehouse.co.uk/

公益企業体であるpublic utility が「Utility Warehouse」。この移動体通信事業の他に、固定電話、インターネットブロードバンド、ガス、電気関連事業などを提供している。

The best phone network 2018 UK」の記事内で述べられている、最新2018年4月24日に発表された「annual mobile customer service satisfaction survey」によれば、giffgaff と並びトップの評価

Virgin Mobile(ヴァージン・モバイル)

https://www.virginmedia.com/mobile/

「Virgin Mobile UK 」MVNOのため、独自の回線は持っておらず、EEのものを使用している。イギリスのデジタルテレビ、インターネットなどを運営する会社のVirgin mediaの子会社Virgin Mobile Telecoms Ltd.が運営。

 

駅のWifiが使えるキャリアは?

さて、キャリア選びで一つ考慮しておきたいことが、「駅で使える Wifi を利用するかどうか」という点です。

これはロンドンでの話になりますが、市内の underground や overground の駅ではWifiが使えます。しかし、通信キャリアによっては使うことができません。

駅の Wifi が使用できるのは「Virgin media」の契約者と、「EE」「Vodafone」「O2」「Three」のキャリア利用者。構内の「Virgin Media WiFi」に接続すると、下のような画面になり、自分が使用しているキャリアのアイコンを選択して Wifi が使えるようになります。

駅での「Virgin Media WiFi」の接続画面

公式の情報は、こちらのロンドン交通局の「Station WiFi」に記載されています。

 

 

個人的なおすすめは「giffgaff」か「Three」

通信キャリアやプランの選択は、その方の携帯電話の使用状況によって様々だと思いますが、ここでは個人的なオススメを紹介します。

僕の携帯電話の使い方ですが、まずそこまで電話をかけません。そして、自宅はもちろん外でもカフェなどのフリーWifiを基本は使いますので、データ容量は少なくて構いません。料金の安さと面倒な手続きが無い方法を重視します。

ですので、私的なオススメは、料金が最安の「giffgaff」でPay As You Goのプリペイド方式です。「giffgaff」は実際の店舗が無いため、SIMをオーダーしてから自宅に届くのに数日かかったり、全ての作業をインターネット上で自分で行わなければならないのがネックですが。

【関連記事】

格安携帯キャリア giffgaff(ジフガフ)の契約手順【イギリス】
「イギリスの格安携帯キャリア giffgaff の契約方法をお伝えします。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;...
実際に使っているのが、月10ポンド(約1,500円)のプラン。データ容量は3GB、通話とテキストは無制限です。

giffgaff の料金プラン

 

「店員さんに手続きをしてもらったり、何かあったら直接相談したい」という方には、街中に実店舗がある「Three」のキャリアがおすすめです。料金も「giffgaff」と並びかなり割安。駅のWifiにも対応しているキャリアです。

Three の実店舗

 

まとめ

以上、イギリスの携帯電話のキャリアについてでした。

思いの外たくさんの事業者があり、選択するのはなかなか難しいですよね。こういった通信関連の事柄が好きな方でしたら各社を徹底比較して選ぶと思うのですが、そうでない方はポイントだけを抑えて、手早く電話番号を入手したいものだと思います。僕もまさにそれ。余分なところに時間をかけたくありません。

ですので、イギリスの通信キャリアについての基本的な情報を把握し、サクッと選ぶことができるよう今回情報を簡単にまとめてみました。この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。

ではまた!

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください