トロントのコーチ(バス)ターミナルを使ってみよう!【カナダ】

「ダウンタウンの中心にあるターミナル。長距離移動バスはここが発着です!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
ダウンタウンの中心にあるターミナル。長距離移動バスはここが発着です!

 

こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目のカナダ・トロントでワーホリ10か月の、たかむね(@takaholi29)です。

今回も交通関係のお話。前回、長距離移動バスのGreyhound(グレイハウンド)のオンラインチケットの買い方をご紹介しました。

【関連記事】

長距離バス Greyhound のチケットの買い方【カナダ】グレイハウンド
「北米のリーズナブルな長距離移動バス、グレイハウンドのチケットの買い方をお伝えします。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;he...

 

 

さて今回は、そのチケットを使って利用したトロントのバスターミナルの利用レポートです。Greyhound のみならず、他のバス会社もここから運行していますので、トロント発の長距離バスの利用の際は必ず訪れる場所です。

ちなみに今回の僕の行き先は、ここからおよそ2時間半の「ロンドン」という名の街。そんなロンドンの話も少し。

では、いってみましょう!

 

スポンサー リンク

 

Toronto Coach Tterminal はダウンタウンの中心地

ますは立地。バスターミナルはトロントのダウンタウンの中心にあります。TTC(トロント交通局)の地下鉄最寄り駅は、「Dundas(ダンダス)」駅か「St Patrick(セント・パトリック)」駅です。

そして、GreyhoundmegabusCoach Canadaなど、各バス会社がこのターミナルを利用しています。

 

Toronto Coach Terminal
address : 610 Bay St, Toronto

 

ちなみに、長距離移動バスのことを英語では「Coach(コーチ)」と言います。

ちなみにちなみに、似たような単語で「Couch(カウチ)」というのがありますが、これは「ソファ」を表しますよ☝︎

 

では中に入ってみます。この入り口が、Bay Street 沿いのメインエントランス。

 

チケットの受け取りから乗車

入ってすぐ、この上の画像の左側にチケットブースがあります。

前回お伝えしたように、僕は今回グレイハウンドのチケットオンラインで購入しました。そしてチケット受け取りは、「Will Call」という、バスターミナルで直接受け取る方法を選択しました。その受け取りを、このカウンターで行います。

ちなみに、乗車の10分前に滑り込みでターミナルに着いたのですが、問題なくチケットを手に入れることができました。オンラインで購入したのが深夜の1時ごろ。そこから7時間後の午前8時が出発時間。予約時の注意書きに、「事前にオフィスを訪れてチケットを受け取っておいてください。」という注意書きがあったのですが、「いや、夜中に予約したんだから無理やん!」。半分ダメ元でブースに行ってみたんですが、大丈夫でした。笑

そしてそのチケットの受け取りの際に必要なものは、身分を証明するためのフォトID。パスポートで問題ありませんし、僕はオンタリオ州のドライビングライセンスを持っていますのでそれを提示しました。

【関連記事】

【完全解説】オンタリオ州 運転免許証の取得方法【カナダ】
「日本の運転免許を持っていれば、簡単にオンタリオ州の運転免許証に書き換えられます!」  スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;...

 

 

そして発券されたのがこちら。3枚綴りになっており、本来ですとチケットの一番左側に行きのチケットが引っ付いているのですが、乗車後にこの画像を撮ったために写っていません。真ん中が領収書。一番右が帰りのチケットです。

こちらが待合スペース。バス乗り場は、ガラス越しこの奥です。

座席は指定されているわけではないので、早めに乗り込んで良い席を確保しましょう。

一応、コンセントがついています。2席のうちの片方のシートだけなんですが。そして差し込んでも、プラグが固定されずすぐに抜けます。結果全然チャージできませんでした。。。ちなみに、車内はWifiも完備されています。

そんなこんなでおよそ2時間半の今回のバスの旅。そして無事に目的地の「ロンドン」着いたのでした。

 

 

僕は空港の雰囲気や空港ラウンジを使うのが好きなので、航空機での移動を基本的には好むのですが、バスはまた違った旅の雰囲気を感じることができ楽しいですよね。去年のオーストラリアワーホリの時も、35時間ぐらいの乗車時間でクイーンズランドをバス移動しましたけど、あれはあれで良い思い出です!カナダも広大なので、長距離バス移動が苦にならない方は、それでカナダの各都市を回ってみるのもなかなかエキサイティングではないでしょうか?だいぶ体力的にシンドいとは思いますけど。笑。

以上、トロントのコーチターミナルの利用レポートでした。

 

おまけ:オンタリオ州「ロンドン」のGreyhoundターミナル

最後におまけ。今回の目的地、ロンドンのターミナルの風景を少し。トロントとは全く違う、カナダローカルタウンの雰囲気をどうぞ。

ではまた次回の投稿で!

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください