【宿泊レポ】留置所みたいな部屋だったホステル「Chinatown Travellers Home」@トロント【カナダ】

「期待通りのクオリティで大満足?やっぱりの宿泊でした。」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
期待通りのクオリティで大満足?やっぱりの宿泊でした。

 

こんにちは。オーストラリアに続きワーホリ2ヵ国目、カナダのトロントに1年います、たかむね(@takaholi29)です。

さて、まもなくカナダを出ます。住んでいたシェアハウスを3月いっぱいで退去する必要があったため、ショートステイでホステルに滞在しました。今回は、チャイナタウンにある中国人経営の安宿。偏見で申し訳ないですが、中国クオリティってあまり信用できませんよね。ではここトロントではどうなのか?ということで敢えて、中国系のホステルを利用してみました。そして期待通りの結果!そんなホステル利用レポートです。

宿泊の予約は、ブッキングサイトのリンクを記事最後に貼っていますので、そちらからどうぞ。

ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

外観は普通の家

住所を頼りにやってきました、チャイナタウン・トラベラーズ・ホーム。トロントのメイン通りの1つであるDundas St.(ダンダスストリート)から1本内に入ったところにあるため、立地としては便利です。

ただし、外観は普通の家。何も知らずにこの道を通ったら、絶対に宿とは気づかないですね。

住所通りの31 Grange Ave.は、左の白い扉。今回は午前中に到着したため、チェックインまでに荷物を預かってもらおうと思っていました。とりあえず中に入ってみます。

特にレセプションは無く、玄関前に電話と宿泊リストが置かれていました。

当日の宿泊者のリストです。誰がどのサイトから予約し、どの部屋に宿泊するか、また電話番号も記載されています。

こういったものが誰でも目にすることができる場所にある時点で、ちょっと疑っちゃいますよね。。

とりあえずスタッフにコンタクトを取りたいので、設置された電話から通話を試みます。

無愛想な声で男性が出ました。チェックイン前に荷物を預かって欲しいとお願いしたところ、回答は「10ドルかかる」とのこと。普通のホステルだったら無料で預かってくれるものですけど、ここではまさかのお金がかかります。そんなことにお金を使いたくないので、また戻ってくることに決定。まだ入ってもいないのに、すでにガッカリ度満載。。。

 

そして数時間後、チェックインができる15時に再びトライ。すると今度はおばさまが玄関から現れました。IDを見せ、簡単な宿の説明があり、部屋に案内されます。連れて行かれたのは、

5件ほど先の家。こっちはもう完全に通常の家です。笑

「チェックアウトは午前11時。鍵はこの黄色のバケツに入れてね。」

愛想は普通に良かったおばさま。このホステルのスタッフさんと会ったのはこの方だけで時間にして5分ほど。その後、翌朝のチェックアウトまで誰とも会いませんでした。他の宿泊客とも。

 

今回宿泊したシングルルーム

案内された部屋はベースメント、地下です。

白い扉の奥がバスルーム。部屋はその先です。

バスルームは普通に綺麗です。石鹸とボディソープは置いてありました。もちろんドライヤーは無し。

そして一番奥が今回の部屋。扉を開けてみると、、、

「狭っ!!」

ベッドが部屋の大部分を占め、まさに寝るためだけの部屋でした。窓は一応ありますけどここは地下なので、覗いてみても地上が少し見えるだけ。鉄格子もあるので、気分は収監された囚人のような感覚。笑

ちなみに宿泊料金ですが、トロント内の他のホステルが平均CA$30に対してここはおよそCA$40。僕が泊まったときは、CA$50。キッチンも無く、自分で簡単な料理すらできないので、この価格設定はちょっとね。。。

たとえ複数人が利用するドミトリーでも、値段が安く、他の宿泊者との交流があるその他のホステルの方が全然快適と感じました。断然そっちをオススメします。絶対そちらの方が楽しいですし、満足した滞在ができますよ!

トロントのおすすめホステルはこちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考に!

【関連記事】

【おすすめトロント安宿まとめ】2017年度版/ゲストハウス・ホステル・バッパー
「ナイアガラの滝にも近いカナダ最大の都市・トロントのおすすめゲストハウスを紹介します!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;he...

 

 

まとめ:感想/詳細/予約方法

ということで、個人的には全然おすすめできない宿、チャイナタウン・トラベラーズ・ホームでした。

【満足点】
● チャイナタウンに徒歩5分の好アクセス

【不満点】
● チェックイン前の荷物を預けるには10ドルかかる
● キッチンがない
● お湯を沸かす電気ケトルを使うのに1ドルかかる
● 他の宿泊客との交流は皆無

もし、もし興味があって泊まってみたい方は、下のリンク先から予約をどうぞ!誰にも邪魔されずにプライベートを重視したい方には良い宿かと。

しかし、中国関連の安宿はどこもこんなもんなんでしょうかね。まあこれもホステルの醍醐味と思えばね。それも含めて、ホステルに泊まる楽しみだと僕は思っているので。また未知の宿を求めてトライで。

では今回はこの辺りで。また次回。

Chinatown Travellers Home
(チャイナタウン・トラベラーズ・ホーム)

 

【Adress】:31 Grange Ave, Toronto, ON M5T 1C6, Canada
【TEL】:+1 516-300-3512
【Check-IN】:15:00〜
【Check-OUT】:〜11:00

 

 

予約はこちらから/Book a room here

▶︎ Booking.com で予約 : Chinatown Travellers Home (チャイナタウン・トラベラーズ・ホーム)

▶︎ Expedia で予約 : Chinatown Travellers Home (チャイナタウン・トラベラーズ・ホーム)

▶︎ Hotels.com で予約 : Chinatown Travellers Home (チャイナタウン・トラベラーズ・ホーム)

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.