ワーホリ農業体験3ヶ月間を振り返って | アイルランドWWOOF /『ともホリ』♯11

「1カ所目のWWOOFが終了。アイルランドでの農業体験、その感想は?」

 

スポンサー リンク

 

たかむね
1カ所目のWWOOFが終了。アイルランドでの農業体験、その感想は?

 

こんにちは。ワーホリ3ヵ国をメインに、海外を転々としています、たかむね(@takaholi29)です。

オーストラリアワーホリの際に知り合った友人「とも君」が担当してくれているアイルランドのワーキングホリデーカテゴリー、通称リ』。

「農業」をメインテーマにアイルランドに渡った彼ですが、WWOOF(ウーフ)と言う農業ボランティアを利用し、とあるファームで働いています。そして、そこでの生活も3ヵ月が経ちました。日本の農業とはまた違った体験というWWOOF生活。その3ヶ月間はどんなものだったのかを今回振り返ってくれました。

では以下、彼の文章です。どうぞ。

 

スポンサー リンク

 

こんにちは。前回の記事からだいぶ経ってしまいました。お久しぶりのともです。先週、3ヶ月間お世話になったHOSTから移動し、現在は別の新しいHOSTの元でWWOOFをしています。

さて、今回は最初のWWOOFの仕事内容と生活、そして他のWWOOFer(「ウーファー」、ウーフ体験をしているボランティア)との関わりなど、この3ヶ月の感想を書いていこうと思います。

WWOOFの仕事内容

月曜から金曜の平日が仕事です。一日のタイムスケジュールは、

08:30~11:00
11:00~11:30 休憩
11:30~13:00
13:00~14:00 ランチ
14;00~16:30

みたいな感じです。時々16:30を越えるときもありますが、どこかで早く仕事を終えるなどして相殺してくれていました。

仕事は主に、苗の定植、草むしり、水やり、簡単な収穫作業、マーケット出店のための袋詰め、畝立て、種蒔といったものがが自分たちWWOOFerの仕事。

どんな野菜を育てているかというと、このようなもの。

?? / オリエンタル・リーブス
レタス / サマー・パースレイ

 

スプリングオニオン

また、自分は他の人たちよりも長く滞在していたので、WWOOFerには基本に作業をさせてもらえない耕運機で畝を耕したり、レタスなどを一枚一枚収穫してそれをミックスさせたサラダを作るなど、色々と仕事を任せてもらえていました。

畝立ての様子

 

ミックスサラダ

他にも、毎週土曜日のマーケットでお店を一人で任されるなど、これから自分が農業する上でどういった方向に進んで行くべきかが見えたような気がしています。

コークでのマーケット

仕事以外での生活は

基本、平日が仕事、週末は休みでした。

平日は仕事後、シャワーや夕食、その後はネットで動画見たり読書をしたりなどまったり。22時ごろには就寝していました。

週末は、土曜日の朝からコーク(*1)のマーケットに参加するので、もしそれに行く場合は朝6時集合。滞在の後半からはあまりマーケットには行かず、ファームでゆっくりしていました。日曜日は、朝から掃除。あとは公園がファームの隣にあったので散歩に出かけたりなどです。

周りに観光地なども無く、基本的には車がないと何処にも行けないような場所に住んでいたので、家にいる時間が多かったです。

■*1 コーク(Cork)・・・アイルランド南部、マンスター地方にあるコーク州の都市。アイルランド共和国では、首都ダブリンに次いで2番目に大きな都市。人口は約125,000人(2016年)

 

他のWWOOFerとの関わり

自分がこの3ヶ月の滞在と会った欧米の方々は20名ほど。2ヶ月一緒に暮らした人もいれば、1週間のみの方もいました。日本人はもちろんアジア人にさえ会わなかったので毎日が英語環境。たまにパブに一緒に飲みにいったりと、とても楽しい生活を送れていたと思います。

しかし、滞在の後半は WWOOFer の人数も7、8人になりその中で生活していく難しさも感じました。全く価値観や考えも違う人がいる中で、どう自分が接したらいいのかヨーロピアンと同じ環境で生きていく大変さもあり、苦しい時期もあったのも事実です。

2ヶ月間一緒だったスペイン人のマーク。彼の作るパスタが絶品でした。

 

まとめ

自分は農業を学ぶというのがメインでこのWWOOF生活をしていたので、とても良い経験と勉強ができ、本当にファームの方には感謝しています。ありがとうございます。

寒い日は薪を集めて火を熾したり、近くの川で何もせず座って自然との関わりやこれからの自分がやっていこうとしている事など、色々と考えることができました。本当にこのファームでWWOOFをすることができて良かったと思っています。

今度は、ゴールウェイから1時間ほど離れた場所でWWOOFing。またそちらについても書いていきます。ではまた次回。

 

この記事を書いた人

とも(川原 智)
高校卒業後3年間のサラリーマン生活ののち世界一周へ出発するも、盗難被害に遭い旅なかばで断念。帰国後、地元宮崎で1年間の農業に取り組み、その後オーストラリアへ。現地でのバナナファームでの経験を経て、現在は次なる目標「アイルランドでの農業体験」を再びワーキングホリデーで実行中。2018年2月よりアイルランド在住。
プロフィールはこちら「ともホリ♯01」

 

◀ 前回の「『ともホリ』♯10」」へ戻る

「これを読めば、アイルランドでの外国人登録のことが理解できます。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;...

 

⬇ アイルランドワーホリ『リ』一覧はこちら 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください