入国から1ヵ月。アイルランド人の印象は?/『ともホリ』♯07

「現地の家庭での生活を通じて、とも君が感じたアイルランド人の印象とは?」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
現地の家庭での生活を通じて、とも君が感じたアイルランド人の印象とは?

 

こんにちは。ワーホリ3ヵ国をメインに、海外を転々としています、たかむね(@takaholi29)です。

オーストラリアワーホリの際に知り合った友人「とも君」が担当してくれているアイルランドのワーキングホリデーカテゴリー、通称リ』。

ついにアイルランドに入国したとも君。前回、最初に数日滞在した首都ダブリンの様子を伝えてくれました。

そして、現在は西の方へ移動し、お知り合いがいる現地のアイルランド人のお宅でお世話になっているそうです。そんな生活を通して彼が感じたアイリッシュの印象とは?

以下、彼の文章です。ではどうぞ。

 

スポンサー リンク

 

 

こんにちは。アイルランドでワーキングホリデーをスタートし1ヶ月が経ちました、ともです。

前回の記事「アイルランド到着。ダブリン観光と感じたこと/『ともホリ』♯06」では、アイルランドに到着し、数日滞在した首都ダブリンについて感じたことを書かせていただきました。

現在は、アイルランド第3の都市・リムリックから車で1時間ほど離れたマウントシャノンという所にいます。ここには、以前フィリピン留学の時に出会った日本人の友人が住んでおり、そこでお世話になっている状況です。

マウントシャノンの位置

そして、滞在している中でアイリッシュとの交流もたくさんあり、彼らアイルランド人のことが少しずつ分かってきました。今回はこの事について書いていこうと思います。

 

アイリッシュとの交流

① アイリッシュはよく喋る

先にも述べた通り、今現在、自分はフィリピン語学留学の時にお会いした日本人の友人の所の滞在させてもらってます。その方は、フィリピン留学後にアイルランドワーホリ、そののち現地のアイリッシュの方と結婚されています。そして今、自分はその方の義両親、つまりバリバリのアイリッシュのお家にいます。

最初に感じたのが、アイリッシュはよく喋るということ。自分が来た当初、ヨーロッパ全土をを大寒波が襲い、ここアイルランドでも積雪を記録。もちろんマウントシャノンでも雪が積もりました。

当然、仕事は休み。家にいるみんなで朝食を食べるのですが、それが3時間ずっと喋りながら食べているんです。やっとお皿などを引くと、誰かが一言「もうランチの時間だ。」そしてみんなで大笑い。もうこんな感じですね。他にも、別れ際に「またね。」と言ってから30分は喋り続ける始末。

英語環境としてはとても素晴らしい、そう思います。

 

② アイリッシュの英語はそこまで訛りがないかも

あくまで、自分がお世話になってるアイリッシュ家族、そのお友達など限られた範囲ですが英語の訛りとしては、そこまで強いと感じません。話してる内容の理解は曖昧ですが、しっかりとした英語が自分の耳に聞こえてきます。

聞くところによると、コーク(*1)の英語が一番訛りが強いらしく、同じアイリッシュの方でも聞き取れないことが多々あるそうですよ。

■*1 コーク(Cork)・・・アイルランド南部、マンスター地方にあるコーク州の都市。アイルランド共和国では、首都ダブリンに次いで2番目に大きな都市。人口は約125,000人(2016年)

 

③ アイリッシュの食事

基本、朝がパン。昼はスープ。夜はポテトと肉。こんな感じの食生活。

バターやチーズといった酪農が盛んなアイルランドでは、それらをよく食べてます。アイリッシュ・ブレックファースト(*2)は、土曜日や日曜日のブランチでよく食べるような感じでした。

 

■*2 アイリッシュ・ブレックファースト・・・目玉焼き、ベーコン、ソーセージ、ホワイト&ブラック・プディング、ベークド・ビーンズ、トマトなどがお皿に乗って出てくるアイルランドの伝統的な朝食。

 

まとめ

以上、自分が感じた、アイルランド人についてでした。

あくまで、自分が接したなかでのことです。全員がみんなお喋りで、チーズやバターしか食べていない、ということはないと思いますからね。参考程度に!

さて、次の記事では今後のアイルランドワーホリについて書きたいと思います。ではまた。

 

この記事を書いた人

とも(川原 智)
高校卒業後3年間のサラリーマン生活ののち世界一周へ出発するも、盗難被害に遭い旅なかばで断念。帰国後、地元宮崎で1年間の農業に取り組み、その後オーストラリアへ。現地でのバナナファームでの経験を経て、現在は次なる目標「アイルランドでの農業体験」を再びワーキングホリデーで実行中。2018年2月よりアイルランド在住。
プロフィールはこちら「ともホリ♯01」

 

◀ 前回の「『ともホリ』♯06」」へ戻る

ダブリン到着で感じたアイルランドワーホリの事/『ともホリ』♯06
「ついに、とも君の2ヵ国目のワーキングホリデー、アイルランドでの生活が始まりました。まずは、首都ダブリンの印象です。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_2...

 

次回の「『ともホリ』♯08」」へ進む ▶

アイルランドワーホリで農業!WWOOF(ウーフ)します/『ともホリ』♯08
「『農業』をテーマにアイルランドワーホリを始めたばかりのとも君。今後の方向性が見えてきたようです。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !...

 

⬇ アイルランドワーホリ『リ』一覧はこちら 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください