「複数の言語を並行学習するほうが効率的?」語学学習の個人的な考え

「1つの言語に集中するよりも、複数の言語を並行して学ぶほうが、より効率的では?」

 

スポンサー リンク

 

 

こんにちは。ワーキングホリデーで英語圏3ヵ国を中心に、中国語もかじりながら海外を転々としています、たかむね(@takaholi29)です。

突然ですが質問です。

たかむね
皆さん、言語は何か勉強されていますか?されているとすれば、どの言語に取り組んでいますか?

 

多くの方々のお答えは「英語」だと思います。もちろん僕もそうです。なんと言っても、英語を使いこなすことができれば、基本的に世界の各所でコミュニケーションを取ることができるからですよね。こんなに汎用性の高い言語は、英語が間違いなくトップです。ですので皆さん、英語の学習に集中されていると思います。

しかし、1つのことに注力するのも大変ではありませんか?僕は3年前に英語圏での海外生活を始めて以来、本格的に英語習得に取り組んでいますが、それはまあ〜継続がシンドいシンドい。歳も30オーバーなこともあり(あまり歳のせいにはしたくないですが。。)覚えた単語やフレーズも定着せず、すぐに忘れてしまうこともしばしば。そんなこともあって、英語学習のモチベーション維持も大変なのです。

そんな中、僕は個人的な理由で「中国語」もうっすらと勉強しているのですが、この2言語同時学習を実践していて思うことがあります。それは、

たかむね
1つの言語に集中するよりも、複数の言語を並行して学ぶほうが、より効率的では?

 

今回はそんな個人的な考えのお話です。ではいってみましょう。

スポンサー リンク

 

僕の第二外国語は「中国語」

台北

ここ数年僕は英語圏での国々で生活をしていますが、先にも触れた通り、その生活と並行して中国語の勉強にも取り組んでいます。元々中華圏の文化が好きだったことや、学生時代に第二外国語で中国語を選択していたこともありますが、本格的に学習に取り組み始めたのは2年前にオーストラリアにいたとき。きっかけは、当時台湾人の女の子を好きになり、彼女の気を引くために中国語学習を再開したのでした。笑

そんな邪な理由はさておき、僕にはこういった考えがあります。

 

「自分が日本人である限り、英語と中国語を使いこなせればかなり有益」

 

なぜならば、日本を訪れる中国人は年々増加、中国という国家が今後世界に大きな影響を与えることは明らかですし、中国語話者は世界中のありとあらゆる場所に存在します。そういった実情も鑑みて、中国語に取り組むことは非常に価値がある、と僕は思っています。そもそも「漢字」を使っていることもあり、中国語は日本人にとって取り組むハードルが低いのもアドバンテージです。その代わり、発音はかなり難しいですが。。

兎にも角にも、これが、僕が中国語も学習をしている理由です。

 

 

「複数言語の並行学習」利点は?

香港

では、複数言語学習の本題に戻ります。

まずは諺。こんな言葉がありますよね。

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
"Between two stools one falls to the ground."

 

「1つのことに絞らずにあれもこれも追いかけていると、結局なに1つ獲得できない」という戒めですが、確かに他の言語も学習していると、一番重きを置くべき英語がおろそかになってしまうことは否めません。

ですが、僕個人の見解としては、「無理しすぎず、きちんと英語学習のモチベーション維持が大切」と思うようになり、そのためには、気分転換的な要素も含む「複数言語の学習が、最も大切な英語学習にも効果的である」、という考えに至るようになりました。

もちろん、「英語」をファーストプライオリティとして日々勉強をしています。ですが、1つの言語を継続するのもなかなかモチベーションの維持が難しいのです。

そこで効果的だと思うのが、複数の語学も並行して学習すること。ただし、あまり選択肢を広げすぎても、一番重要な英語がおろそかになってしまっては本末転倒ですので、英語以外にもう1つだけの言語に取り組むのが良いと思います。そして、第二外国語を並行学習することにより良い気分転換ともなり、結果として、最も重きを置くべき英語学習も効果的に続けることができる、と感じているからです。この考え方は、7ヵ国語を操るサッカー日本代表GK・川島永嗣選手が著書の中で述べられており、僕はそれに非常に共感しました。

 

 

もちろん、考え方は人それぞれ

深圳

ただ、あくまで「複数言語の学習が、最も大切な英語学習にも効果的である」という考えは、僕個人の見解。もちろん考え方や取り組み方は人それぞれ。「1つのことに集中し、物事を深く極める方が実践的だ」という意見も大いに納得できます。

ただし、「語学学習」という観点においては、複数言語の並行学習が僕にとっては最適。色々なことに興味がありすぎて冷めやすい性格でもある僕が英語学習を継続するためには、この方法が合っていると、これまでの経験を通して感じるからです。

ということで、中国語も進めながら英語の勉強も継続。良い意味で楽観的に語学学習を進めていこうと思います。こんな諺もありますからね。

 

「一石二鳥」
"Killing two birds with one stone."

 

そんな感じで、のらりくらりと。

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.