【豪ワーホリ記12】オーストラリアワーホリ1年終了 帰国前に今思うこと

「色々と迷走してしまったオーストラリアワーホリを振り返ります」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
色々と迷走してしまったオーストラリアワーホリを振り返ります

 

こんにちは。オーストラリアでワーホリ中のたかむね(@takaholi29)です。

2015年の8月末にオーストラリアに入国して早11ヶ月強。あと1週間ほどで僕のビザは切れます。

以前の記事で書いたように、ブリスベンでローカルカフェの仕事を探していましたが、もうそれも止めます。

【関連記事】

【豪ワーホリ記11】カフェの仕事見つからず。 採用は「経験」重視?/オーストラリア ワーホリ
「仕事探しのために、レジュメを配り歩くのはなかなかシンドい。。。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;...

 

 

そして、一度気持ちをリセットし、方向性を考え直すためにも、ここでオーストラリアのワーキングホリデーに見切りをつけ、日本へ帰国することにしました。

スポンサー リンク

 

もはやオーストラリアにとどまる理由がない

dusk

結局のところ、タリーでのファームジョブを終えた時点で、僕のオーストラリアワーホリのモチベーションは切れていたみたいです。やはり気持ちはもう次のカナダです。

タリーで働き続けられたのは、そこで稼いだお金がカナダワーホリへの資金につながるため。

そのファーム仕事期間が終わってブリスベンに来たものの、本当にオーストラリアのローカルで仕事がしたかったわけではなかった。

「本気で仕事探しをする」

このブログでそんな目標を掲げたにも関わらず、相変わらずの生活を続けていたのがその証拠。結局仕事は見つかりませんでした。

しかし、実際に職探しをしてみたからこそ分かったことがあるのも事実。それはカナダへ行ったときの仕事探しにも活かせるはず。それがブリスベン生活の収穫です。

 

ワーホリ前に、1つ確固たる目標を決めておくべきだった

僕が日本にいたときに考えていた「オーストラリアでやりたいこと」は、漠然と、そして複数ありました。

●英語を伸ばしたい
●できるだけ長く滞在したい
●セカンドビザを取得したい
●ファームでお金も稼ぎたい
●都市のローカルジョブをしたい
●サーフィンも趣味として本格的にやり始めたい
●各地をラウンドして色々なものを見たい

1年以上、日本を離れたことは過去になかったので、やれることはできるだけやろうと思っていました。

ワーキングホリデーは本当に自由です

ですから、その貴重な1年間に何をするかは人それぞれ。色々なことに挑戦するのももちろん立派な目的です。

でも僕の場合は違いました。1つ明確なゴールを定めておくべきだったのです。

様々なことに興味を持ちやすい反面、全てが中途半端に終わってしまうのが自分。そして今回の結果、主目的であった「英語の習得」という目標も全く満足に達成できていないままここまで来てしまいました。「こうこうこういう方法で、ここまで英語を伸ばしたい」と一つに絞るべきでした。そして今思うカナダでの目標はこうです。

「英語を伸ばすため、接客の仕事を1年間勤め上げる」

どれだけ伸ばすかということを明確にするためにも指標が必要なので、今後、もう少し具体的な目標に落とし込まなければいけないですが。

カナダで旅行することに、今はほとんど興味がありません。一つの街にとどまって(今のところトロントの予定)、その目標達成に集中したいと思います。

 

 

※ 2018年2月追記
この後、実際にカナダでワーキングホリデーをし、無事にローカルのカフェを1年間務めました。その記録はこちら。

【関連記事】

 

 

 

日本人との出会いも大切にするべきだと思う

このオーストラリア生活で、僕は基本的に日本人を避けてきました。その理由はこうです。

●英語を上達させるためにも日本語を使うべきではない
●海外に来てまで日本人と知り合う必要はない

ですが、ここ1ヶ月の生活を通して、少し考えが変わってきました。海外だからこそ、出会った日本人の方との関係を大切にするべきだと思いました。なぜなら、日本ではきっと出会えないであろうか人と出会えるからです。

僕は今30歳です。日本で一般的な仕事をしながら生活していたら、どういう人と関係があったでしょうか。

年齢のような上下のつながりも、活動フィールドのような横のつながりも、自分が勤める会社・業界の狭い範囲内で収まっていると思います。結婚して、子供もいたら尚更でしょう。その限られたコミュニティ内での、限定的な出会いしかない可能性が高いはずです。

しかし1年のワーホリを通じて知りあった日本人は、個性的な方々ばかり。「これからオーストラリアの大学に通うんです!」、という19歳の女の子や、会社を起こしたばかりになのに、ギリホリでやって来て、「これからオーストラリア大陸をキャンプしながら車で回りますよ〜」なんて人とも出会いました。

日本にいたら、彼らとこうやって知り合うなんてなかなかないと思うんです。異国だからこその日本人との出会いはとても貴重と実感。今後の大きな財産になると思います。

事実何かの縁か、今現在、僕はそのラウンド予定の方に便乗して、クイーンズランドを2週間ほど、キャンプサイトを転々としながらドライブしています。道中、彼といろいろな話をしましたが、今後も長く付き合いがありそうな予感がします。

kangaloo

朝テントから起きたらカンガルーがいました

 

今後の予定

さて、帰国後は、実家の愛知を拠点に、しばらく次のカナダワーホリに向けて準備を進め、来月か、10月中には北米へ出発したいと思います。

ずっと日本には帰りたくないと思っていましたが、少しそうでもなくなってきました。一旦休憩。とりあえず、海鮮丼とか「魚」を食べたいですね。蒸し暑いこの時期の帰国するのが、最も気が乗らないのですが。。。笑

帰国中も記事を少しずつ上げていこうと思いますので、たまにこのブログを見に来てみてくださいね!

ではまた次回!

 

オーストラリア編、完

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください