【深圳での地下鉄の乗り方】トークン& ICカード「深圳通/互通行」@深セン【中国】

「中国・深圳での地下鉄の乗り方をお教えします!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
中国・深圳での地下鉄の乗り方をお教えします!

 

こんにちは。「カナダワーホリ前旅行」で現在中国にいます、たかむね(@takaholi29)です。

前回お伝えした通り、香港国際空港からバスと地下鉄のMTRを使って、中国の深圳(しんせん/シェンツェン)にやってきました。

【関連記事】

「世界一の電気街と言われる深圳に行ってみたくないですか?」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: ...

 

 

「世界一の電気街」「チャイニーズシリコンバレー」などと言われるこの街ですが、もちろんここも地下鉄が整備されており、今回の深圳滞在でも必要不可欠な移動手段だったので、今回はこの深圳地下鉄の乗り方をお伝えしておきたいと思います。

ではいってみましょう!

スポンサー リンク

 

深圳の交通系ICカード「深圳通」、そして「互通行」

さて、今やどこの都市でも交通系ICカードはありますが、ここ深圳でのそれは「深圳通」というもの。バスやタクシーはもちろん、ジャスコやセブンイレブン、マクドナルドやKFCでも利用が可能で、深圳に滞在するのであれば、持っていて損はないカードです。

また、香港でのICカード「オクトパス(八達通)」の機能もついた、「互通行」カードというものも存在します。香港と深圳を行き来するのが多い方はこちらを買った方が良いかと。

ちなみに僕は今回「深圳通」は購入しませんでした。1泊だけの滞在、また、今のところ深圳に再び来る予定がないため、購入不要と判断し、すべて現金払いでいくことにしました。

 

現金での切符の買い方

今回は、香港の「落馬洲(ロクマチャウ)」から中国本土に入りました。入境を終えて出た先の駅は「福田口岸(ふくでん こうがん/フーティエン コウアン)」駅。ここから宿泊先の最寄駅「岗厦(こうか/ガンシャア)」駅へ向かいます。

左が現金払いの券売機。右がICカード「深圳通」のチャージ機です。

まず気になるのが運賃。路線図に記載されていると思い、券売機近くを見渡すとありました。運賃も載っているのですが、、、、、フェンスのせいで路線図の前に行けない。そして文字が小さすぎて見えない。。。周囲にこれしか路線図はないんです。。仕方がないので、運賃が分からないまま、とりあえず列に並びました。

最初の画面が上の画像。行きたい駅をタッチします。ピンポイントでなくても、だいたいの場所に触れると、

ちょっと拡大されます。この画面で、目的の駅をタッチします。

そして枚数を指定します。1枚。ということで運賃は「2元」です。

こういう仕組みなので、券売機周辺に運賃表がないんですかね。だいたいどこの駅に行くにも2〜3元くらいのようですし。と言っても、他の駅にはきちんと見やすい場所に運賃表があったんですけどね。なぜ、この駅にはないのか。。。

そしてお金を入れるのですが、ここで注意が必要です。

対応しているのは、1元硬貨5元札の2種類のみです!それ以外は受け付けてくれませんので、気をつけてください。この辺りに「中国クオリティー」を感じます。

そして、コイン型の「トークン」がチケットとして出て来ます。

僕は5元札を入れたので、お釣りの3元と一緒に出て来ました。

 

手荷物検査と改札の通過

では実際に電車に乗るのですが、改札を抜ける前に行われることがあります。手荷物検査です。

どこの駅にも、必ずこういった手荷物チェックポイントがありました。ですので、乗車の際には毎度毎度、このチェックを受けないといけないのです。非常に面倒くさい。。。

そして改札。

この部分に、ICカードか、先ほどゲットしたコイン型トークンをかざします。するとゲートが開き、プラットフォームに行くことができます。

電車はけっこうハイテクな雰囲気。この辺りは香港に最も近いからか民主主義的な近代さを感じました。

そして下車後、トークンをこの投入口に入れればオッケーです。ICカードならタッチ。

ということで、中国・深圳での地下鉄の乗り方指南でした。しかしやっぱり現金は色々と手間ですね。ICカードの便利さを再実感した今回でした。

次回は、ここ深圳で泊まった「ユースホステル」とは名ばかりの、とあるマンションの一室の宿泊施設レポートです。見つけ出すのにかなり苦労しました。そしてここでも感じた「中国クオリティー」。なかなか異国ならではの経験でした。

ということでまた!

 

@深圳/その他の記事はこちら

「日本では考えられない中国クオリティーを現地で経験してみたくないですか?」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !im...

 

旅行に役立つ中国語学習アプリの記事はこちら

「アプリでの中国語学習。まずは『手のひらスクール!基礎から学べる中国語』で基礎を固めましょう!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !impo...
「アプリでの中国語学習。日常会話なら『リアル中国語会話』でお役立ちフレーズを学びましょう!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !importan...
「アプリでの中国語学習。必須の辞書、オススメは『三省堂 超級クラウン中日・日中辞典です!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;h...

 

 

スポンサー リンク

2 件のコメント

  • Great site. A lot ߋf useful information here. I ɑm sending it to a few pals ans additionally haring in delіcіous.
    Ꭺnd naturaⅼly, thank you for your effort!

    • Kathlene, thanks so much for your message! I’m so happy to hear you. I’ll keep this blog on for all of the readers of my blog. 🙂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    たかむね

    オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。