運転免許証の更新どんな流れ?「優良更新」に行ってきたので解説してみる(平針)

「たまにしかやらない運転免許証の更新って、どんな流れでしたっけ?」

 

スポンサー リンク

 

こんにちは。出国前日に運転免許証の更新に行ってきました、たかむね(@takaholi29)です。今回は、このブログの内容に沿ってない気がしますので、番外編です。まあ雑記ブログですが。笑

さて、5年に一度の運転免許証の更新、やっておかないと再交付の手続きが面倒くさいことになるじゃないですか。僕はこの日しかチャンスがなかったため、出国前日の金曜日に更新手続きをしてきました。せっかくなので、その流れをレポートしたいと思います。

所要時間は、1時間半。「優良更新」で、朝一の受付で行ってきました。ではいってみましょう。

スポンサー リンク

 

持ち物

●古い免許証
●運転免許証更新連絡書(事前にハガキで郵送されてくる)

この2点があれば問題ありません。

 

優良更新の流れ

僕が行った試験場は、名古屋市の平針にある、愛知県運転免許試験場です。8:30少し前に到着しました。

 

❶更新手数料の支払い

試験場に着いたらまず、免許更新手数料を支払うための、収入印紙を買わなければなりません。

ハガキで届く「更新連絡書」があるので、❶の窓口へ行くのですが、受付開始は8:45から。先に整理券を受け取ります。

そして、写真のATMみたいな端末を使って、4ケタの暗証番号を2つ設定しなければいけません。おすすめは、下の画像のように、1つ目が自分の運転免許証の真ん中の4ケタの数字。2つ目が自分の好きな数字だそうです。

整理券と発券された暗証番号登録カードを持っておき、窓口が開く8:45を待ちます。

ちなみにこの後30分間の、「講習」があるのですが、100番ぐらいまでなら、最初の時間帯の講習を受けられるそうです。それが9:10開始。それを逃すと、1時間半待ちになってしまします。

時間近くになると、結構な人が集まり始めました。

この支払いの後は申請用紙の記入があるのですが、その用紙にいくつか質問事項があります。それに素早く回答できるよう、職員さんが説明してくれました。

 

❷申請用紙の記入

更新手数料の支払いが終わると、下記のような収入印紙がついた申請用紙をもらえます。

個人情報の記入と、質問に回答。これだけです。そして次の視力検査に行きます。

 

❸視力検査

少し待ちますが、職員さんらは手馴れたもので、バシバシさばいていきます。

 

❹申請書の提出

続いて、先ほど記入した申請書の提出です。きちんと「じゃあ次は◯番の窓口行ってね」と案内してくれます。

ここは数分で終わります。出すだけなので。

 

❺写真撮影

次は、免許証に載る写真の撮影。

ちなみに、もし更新後、古い免許証が必要であれば、ここで申告しましょう。

この後は、最後の講習。更新種別の違いにより、講習内容と時間が異なるため、案内された講習室へ入ります。

 

❻講習

この時点で9:00ちょうど。更新手数料を払ってからおよそ15分。スムーズにこれば所要時間はこのぐらい。9:10からの講習開始を待ちます。

30分間の「優良講習」。内容は、最初の15分間ビデオを見て交通事故の悲惨さ、安全運転の大切さを学び、残りの15分で、最近5年や今後の運転免許証の区分や法律の変更の説明がありました。

講習終了後、最後に免許の引き換え券を渡して、新たな免許証をゲット。10時前には全ての工程が完了。1時間半もかからず終了です。以上です。

ちなみに、この試験場では日曜日も更新手続きが行えるそうですが、時間帯により混雑するので、注意が必要です。

 

平針その他の施設

最後に、ここの運転免許試験場の施設をいくつか。

今回僕は、国外(国際)免許証の取得はしませんでしたが、申請には「4cm x 5cm」の写真の準備が事前に必要になります。駅などで良く見かける写真スタンドだと800円はするので、ここで撮れば200円お得ですね。

以上、運転免許証更新のレポートでした。この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

また、周囲の方でこれから運転免許証を取ろうと考えている方はおられるでしょうか?教習所に通うよりも効率的なのが合宿での取得。そんな方にオススメしていただきたいのが、こちらの全国自動車学校の合宿情報が満載のサイト『合宿免許ドリーム



格安合宿免許を目的別にカンタン検索。予約後も30日前ならキャンセル料無料。ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

ではまた次回の記事で。

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

たかむね

オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。