【英語レジュメの書き方】カフェ仕事探しで使った僕のCV/カナダワーホリ

 

スポンサー リンク

 

 

たか
シンプルにまとめつつ、自分をアピールする内容を書けば、英語レジュメは大丈夫!

 

こんにちは。オーストラリアに続いて2か国目のワーホリ、カナダのトロント滞在1か月の、たか(@takaholi29)です。

先日お伝えした通り、3週間の仕事探しの末、「Timothy’s World Coffee(ティモシーズ)というカナダ発祥のローカルカフェで働き始めました。

【関連記事】

【カナダワーホリ記02】入国から1か月/ローカルカフェの仕事が決まる
こんにちは。ワーホリ2か国目のカナダに来て1か月、トロントに滞在しています、たか(@takaholi29)です。今日はこちらの時間でまだ3月18日、入国してちょうど1か月...

 

 

海外で仕事探しをする場合は、「履歴書」を直接お店に持って行って応募するのが一般的です。

「履歴書」のことを「resume(レジュメ)」や「CV(シーヴィー)」と言ったりしますが、レジュメは日本の履歴書とは、書き方が全く違います日本語の履歴書を英文に直訳してもレジュメにはなりません。

しかし、自分のレジュメを作るってなかなか難しいですよね。そこで今回は、カフェでの仕事探しで実際に僕が使ったレジュメをお見せし、基本的な書き方を紹介します。

ワーホリや留学中に仕事をしたい人は多いと思いますので、そんな方々の参考になればと思います。ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

まず僕の経歴について

レジュメをお見せするにあたって、まずは僕の経歴を簡単に紹介します。

●ある大学の経済学部を卒業
●その学生時代(&卒業後のフリーター数か月間)のアルバイトは、①あるスタジアムでの飲食の売店に勤務(約4年半)、②都内のダイニングバーに勤務(数か月)など
●職歴は、テレビ番組制作会社に勤務(約4年半)
●オーストラリアワーホリ中に、バナナファームで働く(約8か月)
●帰国後、名古屋のカフェでアルバイト(数か月)

と、こんな感じです。

高校卒業して1年浪人し、大学はちゃんと4年で卒業したものの、就職活動に失敗し就職浪人もしました。なので、社会人は中途採用枠(のようなもの)で、1月からスタートしています。そして小規模なテレビ番組制作会社だったこともあり、「同期」というものはいませんでした。

改めてこう振り返ってみると、「変わった人生歩んできたな〜」という感じです。本当、一般的な日本社会のコースから逸れてるって自分でも思いますからね。笑

そして、この かなり ちょっと変わった経歴をレジュメにすると次のようになりました。

 

実際に使ったレジュメがこれ

▼クリックで拡大可能▼

1ページ目(表)

2ページ目(裏)

カフェでの仕事探しのためのレジュメですので、前提として飲食店での経験を厚く書いています。そして、このレジュメは2ページ(両面に印刷して1枚にしていました)になっていますが、ここまで情報を書いても、正直店の担当者は見ないので、簡潔に1枚にまとめるのが良いと思います。

では、解説していきます。

 

❶ 自分の名前と連絡先

一番頭に、自分の名前を書きます。

そしてコンタクトフォーム。面接の連絡は電話でかかってくるので番号は必須。住所は通勤時間などを判断基準にする店もあります。

 

❷ SUMMARY

そして内容ですが、まず始めに簡単な要約「Summury(サマリー)」を書きます。

ポイントは3つ。「(1)どんな仕事経験をしてきたか」「(2)それをどれぐらいの期間やってきたか」「(3)自分にどんな能力があるか」を簡潔に述べます。

僕のレジュメでは、(1)飲食関連の仕事(Service Sectorと表現しています)を、(2)約5年経験しており、(3)お客さんのニーズを汲み取るのが得意で、また接客が好きである、と書いています。

 

また、週7日でフルタイム、かついつからでも仕事が始められることもアピールポイントと思い、「Availabilities from Monday to Sunday, Full-Time, and able to begin work anytime.」とも載せています。

さらに、1年間勤務できるのもアドバンテージになるので、「ビザの期限が来年の2月」と、12か月後の期限も書きました。ビザが6か月を切っていると、雇ってくれる店は極端に減るので注意してください。

 

❸ QUALIFICATION

次に、技能・能力などの「Qualification(クオリフィケーション)を箇条書きで書きます。

カフェで働く用にこのレジュメを作っているので、飲食関係に受けそうな技能を載せています。技術的な能力が不要です。僕が書いているように、「お客さんの立場でものを考えられる」「辛くても目標のためなら頑張れる」という精神論的な能力で全く問題ありません。

ちなみに、一番上の「Barista and Latte art certified」ですが、これはオーストラリアワーホリのときに、1日コースのコーヒースクールを受講したときのものです。そんな超短期間なものでも書いてしまって構いません。ウソではないですから、アピールできるところは、大袈裟にしてでも強調しちゃいましょう。

 

❹ WORK EXPERIENCE

ここが一番重要です。海外での職探しは、「資格」は重視されることはほぼ無く、「実際の経験」が採用の判断基準に大きく関係してきます。ですので、この項目で自分をアピールすることが大事です。

僕の場合は、カフェでの仕事をするためのレジュメだったため、それに直結する日本でのカフェのバイトを最初に書き、次に4年半と長期間勤務した飲食店の経験を載せています。そしておまけ的にダイニングバーの職歴も。

これらは全てアルバイトです。「経験」が重視される海外において、「アルバイト歴」そして実際の「職歴」は関係ありませんので、関係する仕事経験であれば、アルバイトであれ、しっかりアピールして大丈夫です。

そして、僕の実際の職歴であったテレビ番組制作会社の経歴とオーストラリアのバナナファームについては、今回のカフェ仕事と関係がないため、最後に少し書くに留めています。むしろ、関係の無い職歴は省いた方が良いと思います。

 

❺ EDUCATION

最後に学歴を書きます。ここは最終学歴と、その基本情報のみで大丈夫です。

学歴を重視されることは、まず無いです。採用担当者も参考程度に目を通すだけなので、「レジュメのルール」一応の情報を記載しているだけです。

 

まとめ:シンプルかつ自分のアピールをしっかり

今思うと、僕のレジュメは情報量がちょっと多いです。自分が採用担当者側で考えたとき、この量の内容をしっかり目を通さないですからね、きっと。ですので、シンプルに要点を絞って書きましょう。

そして、レジュメでは自分をアピールすることがとても大事です。ですので、かなり大袈裟に書いて全く問題ありません。というか、かなり盛って書くのが普通です。笑

日本人は謙虚ですから、「期待されすぎたら困る」と思うかもしれませんが、まずは雇ってもらうことが大事。雇ってもらい、働き始めてから困ることなんて多々でてくるので、レジュメの段階では気にせずに、しっかり自分をアピールしましょう。

ということで、レジュメについてでした。次回は、面接について書きたいと思います。ではまた!

【英語 面接の受け方】こう答えてカフェの仕事をゲット/カナダワーホリ
.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;}@media (max-width: 414px) {.ad_728_90_336_280 {width: 336px !important;he...

 

 

★ローカルカフェ勤務の記録『カナダワーホリ記』

【カナダワーホリ記01】2か国目を始めるにあたって思うこと
こんにちは。2017年の2月より、カナダでのワーキングホリデーがスタートしました、たか(@takaholi29)です。さて、ここ1か月ほどの間、画像を軸として、主に旅行関係...
【カナダワーホリ記02】入国から1か月/ローカルカフェの仕事が決まる
こんにちは。ワーホリ2か国目のカナダに来て1か月、トロントに滞在しています、たか(@takaholi29)です。今日はこちらの時間でまだ3月18日、入国してちょうど1か月...
【カナダワーホリ記03】ローカルカフェで働き始めて順調に1か月経過
こんにちは。2月の中旬にカナダのトロントに来てもうすぐ2か月経過、たか(@takaholi29)です。現在、「Timothy’s World Coffee(ティモシーズ)」というカナダ発祥の...
【カナダワーホリ記04】僕が働くカフェを紹介 & SAKURAのおかげで目の回る忙しい週末
「ありえないくらい忙しすぎて、早く退勤したかったです、昨日のシフト。。。」こんにちは。オーストラリアに続き2か国目のワーホリ、カナダのローカルカフェで働いて...
【カナダワーホリ記05】現地カフェ勤務2か月経過でマンネリ&予期せぬ新展開
『悪い意味で「仕事に慣れてしまったな〜」と思っていた矢先の、新展開でした。。』こんにちは。オーストラリアに続き2か国目のワーホリ、カナダのトロントに滞在中、...
【カナダワーホリ記06】職場改装中、別店舗2つで働いています
「東、西、南。日々トロントを広範囲に移動中の生活です」こんにちは。オーストラリアに続き2か国目のワーホリ、カナダのトロントに滞在中、たか(@takaholi29)です。...
【カナダワーホリ記07】カフェ勤務3か月目/1人でシフトイン&クローズ作業
「信頼されているのか放置プレーなのかは分かりませんが、最近僕1人で勤務していることがちらほら。。」こんにちは。オーストラリアに続き2か国目のワーホリ、カナダ...
【カナダワーホリ記08】1人勤務にも慣れ、環境変化を求めてホステルを転々とする生活開始
「バッパーやホステルの滞在、僕にとってはやっぱり魅力的な環境です。」こんにちは。オーストラリアに続き2か国目のワーホリ、カナダのトロントに滞在中、たか(@taka...
【カナダワーホリ記09】働き始めて4か月/新ブランド「Brioche Doree」でのトレーニングが始まる
「刺激のない日常生活から新しい環境でマンネリ打破へ!」こんにちは。カナダに滞在して5か月が経過、たか(@takaholi29)です。今日は久しぶりに、僕のトロントワーホ...
【カナダワーホリ記10】前日準備/ついに明日リニューアルオープンのブリオッシュ・ドーレ
「待望?のお店がついに明日オープン!」こんにちは。オーストラリアに引き続き、カナダのトロントでワーホリ中、たか(@takaholi29)です。以前からもこのブログで書い...
【カナダワーホリ記11】入国から5か月/新しい店「ブリオッシュ・ドーレ」でも順調なスタート
「リニューアルオープンから1週間。お店も僕自身も順調な滑り出しです。」こんにちは。オーストラリアに引き続き、カナダのトロントでワーホリ中、たか(@takaholi29)...
【カナダワーホリ記12】折り返しの6か月が経っての現状と今思うこと
※ この記事をアップしたのは9月の下旬ですが、内容的には1か月前の8月下旬の話になります。 「カナダワーホリ半年経過。あと半年"しか"残っていませ...
【カナダワーホリ記13】7か月経過/お店はうまくいっているようです
「オープン2か月のブリオッシュ勤務にも慣れてきました。」こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目のカナダ・トロントでワーホリをして7か月が経ちました、...
【カナダワーホリ記14】8か月が経ち、求められる仕事がまた増えました
「夏も終わり、一気に気温が下がってきたトロントですが、僕の仕事っぷりは上がりっぱなしです。」こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目のカナダでワーホリ...
【カナダワーホリ記15】軽い現状変化を決断/英語も仕事もマンネリで9か月
「8か月間ここまで突っ走ってきて、色々とモチベーションが下がってきています」 こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目のカナダでワーホリをスタート...
【カナダワーホリ記16】トロント滞在10か月の現状報告
「こんなクリスマスニットを被って勤務中。トロントワーホリもあっという間に10か月の終盤です。」 こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目のカナダでワ...
【カナダワーホリ記17】トロント滞在11か月。カフェ仕事も残り1か月
「ローカルカフェ仕事も残り数週間。良かったら店まで遊びに来てください。」 こんにちは。オーストラリアに引き続き、2か国目トロントでのカナダワーホリも11か...

 

スポンサー リンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元テレビ番組アシスタントディレクター。2015年に日本を離れ、フィジー語学留学、オーストラリアワーキングホリデーを経て、現在はカナダ・トロントを拠点に活動中。2018年はYMSビザでイギリスへ。ワーホリ&海外旅行・生活情報を発信しています。記事の執筆や映像制作を承ります。またワーキングホリデーや海外渡航情報などのご質問にもお答え致しますので、トップページ上部にあります「お問い合わせ」フォームよりご連絡下さい。