【豪ワーホリ記02】タリー(TULLY)でバナナの仕事が見つからず。イニスフェール(INNISFAIL)に移動しました

「タリーでのバナナファームの仕事が全然ゲットできません!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
タリーでのバナナファームの仕事が全然ゲットできません!

 

こんにちは。
オーストラリア滞在中の、たかむね(@takaholi29)です。ワーホリスタートから2ヶ月が経過しました。

表題の通り、イニスフェール(Innisfail)という町に移動しました。そして、これは僕の意志によるものではなく、しかも急なことでした。今日はその新しい生活について。

 

10月、タリーの仕事状況は良くなかった

9月下旬、ファームでの仕事を求めてタリー(TULLY)にやって来ましたが、この1ヶ月、全く手ごたえがありませんでした。
ここでの仕事は、自分で行動してゲットしなければいけません。

もちろんできる限りのことはしてみたのですが、今の時期、バナナの育ち具合や、仕事を求める人の人数など、状況があまり良くありません。要はタイミングが悪かったようです。そして1ヶ月間、暇を持て余すことに疲れてしまいました。

「早めにファームを終え、都市でローカルの仕事をしたい」

そんな強い気持ちもあり、セカンドビザ取得の条件を満たすためにも、仕事に就くことを最優先しました。そこで、不本意ではありましたが、いわゆる「仲介業者」を利用し、ファームジョブを手に入れました。

「ケアンズ近郊のバナナファームの仕事」

ということで、問い合わせてみると、働き口は、タリーかイニスフェールとのこと。そして結果、後者に決まったのです。

Innisfail_02

イニスフェールの街並み  とても素敵な町で雰囲気はタリーよりも格段に良いです

 

生の英語に触れる機会が激減

ただ、その結果、労働者のほとんどは日本人と韓国人。そして彼らと同じ住まいでの生活です。

「ファーム生活を通じて、英語力を向上させる」

その目的も兼ねていた僕にとっては、望ましい状況ではないのが正直なところです。

少しでもきちんとした英語に触れ続けなければと思い、常に英語のラジオを聴いたり、洋画のDVDを見たりしています。また住まいのテレビは、英語のサブスクリプトが表示されるので、それも比較的大切な勉強方法にもなっています。

しかし、ネイティヴと話をする機会が格段に減りました。これは非常にマズいです。「本当に何とかしないと、、、」そう思い、とある事に取組み始めました。

次回へ続きます。

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

たかむね

オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。