【宿泊レポ】長期滞在にはうってつけ「London Waterloo Hostel」@ロンドン【イギリス】

「安い、朝食無料、キッチンもあり。長期滞在に最適のロンドンのホステルです」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
安い、朝食無料、キッチンもあり。長期滞在に最適のロンドンのホステルです。

 

こんにちは。各国の安宿、所謂「バッパー」「ホステル」「ゲストハウス」を、50軒以上は利用してきました、たかむね(@takaholi29)です。

ここのところ、ロンドン市内のホステルをウロウロしてるんですが、とあるホステルに1ヶ月間と意外と長期で滞在していました。と言うのも、職場がここから歩いて15分と通いやすいため。そして、無料の朝食があるのと、ロンドンの格安ホステルには珍しくキッチンもあり自炊ができるのもその理由でした。

ホステル自体も小規模なので、フレンドリーなスタッフさんとも打ち解けられ、なかなか楽しい滞在でしたね。そんな「London Waterloo Hostel(ロンドン・ウォータールー・ホステル)」の宿泊レポートです。

ではいってみましょう。

 

宿泊の予約は、最後に各ブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ
2,000円がキャッシュバック
のBooking.comプログラム特典もご利用いただけます。

 

スポンサー リンク

 

立地:ビッグベンにも徒歩で行けます

まずはロンドン市内中心部の路線図で立地を確認します。

ロンドンの地下鉄PDFの路線図ダウンロードはこちら


ホステルがあるのは、ロンドンの南のサウスバンクエリアです。最寄駅は、地下鉄 Bakerlooラインの「Lambeth North(ランベス・ノース)」駅。ここから歩いて10分ほどです。

ビッグベンや国会議事堂、観覧車のロンドン・アイからも徒歩でアクセス可能です。

さて、こちらが外観。向かいは集合住宅になっており、アフリカ系の方々が比較的多く住んでいる印象があります。ホステルの目の前にはその集合住宅の保育所のようなところがあり、平日はいつも元気な子供達の声が聞こえてくるような、平和な場所にあるホステルです。

ホステル内

共有スペースとキッチン

中に入るとこのような感じ。ここが唯一の共有スペースです。

画像に写っているのは、デリバリーのバイトで使う自転車を直しているイタリア人や、仕事を探しているフランス人?。通常の旅行者もいますが、彼らのような長期滞在者も何人かいました。

画像左の青いところがレセプション。右奥がキッチンです。

キッチンは非常にこじんまりとしています。調理器具も本当に最低限しかありません。ですが自炊できるのは本当に助かります。

紅茶とコーヒーはいつでも飲めます。これもありがたいですね。

トイレとシャワー

では部屋へと向かいます。指定されたのは3階のドミトリーです。レセプション裏の通路から階段で上がります。

このような感じで、客用のロッカーがあります。貴重品はこの中に。もちろん鍵は持参が必要です。

階段も狭いわけで、すれ違うのも一苦労。

そしてこちらが3階です。この突き当りが僕が滞在した部屋ですが、この通路の途中にトイレとシャワーがあります。

この階のトイレは2つ。洗面台がこれ1つしか無いので、特に朝は混みます。

シャワーも2つ。格安ホステルですので、こちらもシャンプーなどの類は一切置いてありません。

部屋の外にはちょっとしたエリアが。みなさんここでドライヤーを使ったり、メイクをしていたり。

 

3段ベッド4つの12人部屋

そして部屋ですが、まあそれはカオスです。

こんな狭い部屋に3段ベッドが4つ。荷物を置くところも困るぐらいです。

一応、枕元には電灯とコンセントはありました。本当に寝るだけですね。

 

朝食は無料

7時〜10時までの3時間が朝ごはんタイム。

レセプション向かえには、シリアルとジュース。

キッチンにはパンとスプレッドがいくつか。

内容量はもの足りないですが、毎日タダなので助かりますね。

こんな感じの朝ごはんです。

 

まとめ:感想と詳細

さて、サクッと簡単に紹介しました、ロンドン・ウォータールー・ホステル。特に特徴があるわけではなく、ホステル自体も簡素です。

そのため宿泊料金自体は安いです。プラス、朝ごはんが無料であったり自炊ができるキッチンもあるため長期滞在目的には良いところですね。シティにも簡単に出れます

利用客は長期滞在者以外には、主に西洋や南米系の旅行者が多かったですね。スペイン語が比較的よく聞こえました。アジア人もそれなりに目にしました。韓国人に中国人など。日本人は、一人いたような気がしますが話す機会が無かったため分かりません。

もし機会があればここを利用してみてください。スタッフさんはとてもフレンドりーでした。

では、以下にウォータールー・ホステルの宿泊をまとめます。ということで今回は以上です。ではまた。

【満足点】
● ビッグベンやロンドンアイに歩いて簡単に行ける
● お茶とコーヒーは飲み放題
● 朝食は無料

【不満点】
● 基本的に、ホステル内の色々なところが狭い
● 部屋の中にロッカーが無い(通路にあり)

London Waterloo Hostel
(ロンドン・ウォータールー・ホステル)

【Adress】:73 Lambeth Walk, Lambeth, London SE11 6DX
【TEL】:+44-20-7582-3088
【Check-IN】:15:00〜
【Check-OUT】:〜11:00

 

 

 

★予約はこちらのリンクから(キャッシュバック特典あり)

2,000円がキャッシュバック!Booking.comプログラム特典はこちら
★︎ https://www.booking.com/s/34_6/7fc7c17e

 

▶︎ 【agoda で予約】London Waterloo Hostel

▶︎ 【Booking.com で予約】London Waterloo Hostel

▶︎ 【Expedia で予約】London Waterloo Hostel

▶︎ 【Hotels.com で予約】London Waterloo Hostel

▶︎ 【エアトリ で予約】London Waterloo Hostel

 

 

@ロンドン / その他のおすすめ宿

【宿泊レポ】初めてのロンドン旅行にもおすすめ!「Generator Hostel」
「キングスクロス近くの小さな発電所ホステルで旅行のエネルギーをチャージして、ロンドン滞在を楽しみましょう。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width:...
【宿泊レポ】ロンドン旅行はこのホステルで間違いなし!「wombat's CITY HOSTEL London」
「各国今までの中で3本の指に入るホステル。1泊£30が問題ないなら、絶対に泊まって大満足なロンドンの宿です!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: ...
【宿泊レポ】万人に支持されるユースホステル!ロンドンなら「YHA London Central」
「安定のクオリティ、ユースホステル。老若男女、家族に団体さんなど、様々なタイプの方々が利用されていました!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width:...
【宿泊レポ】ロンドンにもカプセル型ホステルが!「St Christopher’s Inn Village London Bridge」
「イギリス初のプライベートカプセルルームがロンドンブリッジに!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;ma...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください