【電車アクセス方法】スタンステッド空港 〜 ロンドン市内間

「LCCに乗るならよくお世話になります、スタンステッド空港!」
 

スポンサー リンク

 

たかむね
LCCに乗るならよくお世話になります、スタンステッド空港!

 

こんにちは。オーストラリアとカナダに続き、ワーキングホリデーで3ヶ国目のイギリスに滞在しています、たかむね(@takaholi29)です。

 

さて、ロンドンに住み始めて5カ月が経ちます。そして突然ですが、このタイミングでヨーロッパ周遊の旅へ出かけることになりました。出発はスタンステッド空港から。ということで、今回はロンドン市内からスタンステッド空港へ電車で向かったので、その模様をレポートします。

 

なお、バスなどその他のルートはこちらの記事にまとめていますので、ご参考下さい。

【関連記事】

「早分かり比較表で、各空港とロンドン市内間の最適なアクセス方法を考えましょう」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px...

 

ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

スタンステッド空港について&その場所

スタンステッド空港(STN)は、6つあるロンドン空港のうち、3番目の大きさの国際空港です。

ロンドン近郊についての詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。
▶︎【全ルートまとめ】ロンドン6空港〜市内アクセス | 電車&バス

アイルランドのライアンエアーや、イギリスのイージージェットは、このスタンステッド空港をハブ空港としており、これらの格安航空会社(LCC)らの発着がほとんどを占めています。

位置は、ロンドン中心地から北東へ約64km。

ロンドン近郊路線図

上の路線図は、こちらから PDF で入手して携帯に保存しておくと便利です。
Rail & Tube Map – Transport for London

 

ロンドン中心部地下鉄路線図

ロンドン市内中心部にある主要駅の一つ「リヴァプール・ストリート駅」とスタンステッド空港間をスタンステッド・エクスプレスが運行しており、総合的に見ると、この移動手段が一番便利かと思います。

上の地下鉄路線図も、 PDF で入手して携帯に保存しておくと便利です。
Tube map – Transport for London

 

リヴァプール・ストリート駅(ロンドン市内)

こちらが駅の外観。

ナショナル・レールの乗り場がこのような感じ。ターミナル駅です。

 

券売機でのチケットの買い方

チケットは、こちらの券売機ですぐに買えます。

 

Stansted Airport」の項目があるのでタッチ。

 

片道で良いので、「One Way」を選択します。

 

通常の席で十分ですので、「Anytime Single」を選びます。

 

内容を確認して支払い。

 

現金、クレジットカード共に可能。運賃はこのときは、£17でした。

 

そして次のようなチケットが発券されます。

 

では乗車です。

構内の電光掲示板を見ると、「20:25」発の列車がありますが、この段階では、発車プラットホームがまだ決まっていません。発車の少し前に分かるので、それまではチェックが必要です。

 

プラットフォーム確定後、改札を抜けて乗り込みます。約30分の乗車時間です。

 

スタンステッド空港駅

こちらが、「スタンステッド空港駅」のプラットホームです。

この駅の真上が、スタンステッド空港です。

 

 

スタンステッド空港内

空港内は非常に簡素。ワンフロアに到着ゲートと出発ゲートがあり、飲食店なども必要最低限のものでした。

 

空港内でのスタンステッド・エクスプレスのチケット購入場所

到着出口を出たすぐ先に、バスのナショナル・エクスプレスの窓口と、列車のスタンステッド・エクスプレスの窓口があります。

列車はこちらの赤色の外観の窓口です。

 

さて今回の記事は以上となります。

ヨーロッパ近郊へのフライトでしたら、ヒースロー空港やガトウィック空港に比べて使用頻度が高いスタンステッド空港。うまく活用してみて、旅をお楽しみください。

では今回はこのあたりで。また次回!

 

スタンステッド空港についてのその他の記事

【関連記事】

「睡眠禁止?のスタンステッド空港で一泊してみました。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 au...
「プライオリティ・パスで利用可能なラウンジに早朝に行ってみると、、」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !importan...

 

 

✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

「旅をしながら収入を得る方法」

YouTubeで配信中
⬆︎画像をクリックし、全貌をご確認ください⬆︎

各種お問い合わせはこちらより
お問い合わせフォーム

✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。