【チケット購入方法】格安券イギリス鉄道&バスなら「trainline」

「イギリス国内で鉄道とバスチケットを買うなら、絶対 trainline を活用しましょう!」

 

スポンサー リンク

 

 

こんにちは。オーストラリアとカナダに続き、ワーキングホリデーで3ヶ国目のイギリス・ロンドンに滞在しています、たかむね(@takaholi29)です。

さて、大都市ロンドン。電車やバスなどの交通網が発達しており、周辺の街や国内の地方都市へ行くにも非常に便利です。そんな公共交通機関を利用する際にはもちろんチケットを購入しますが、イギリスではおなじみのチケット予約サイトがあります。それが「trainline」です。

イギリスには本当にたくさんの交通機関各社が運行していますので、路線等を調べるのも複雑です。そして料金体系は複雑、また当日券はとても割高になるなど、色々と手間なのがネックです。そんな時に役立つのが、イギリス国内の鉄道バス路線の経路がすぐに調べら、チケットも格安で購入できるサイト「trainline」です。

イギリス国内移動の鍵は「trainline」にあり!今回は、そんな便利サイトの使い方の紹介です。ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

trainline(トレインライン)とは

trainlineはイギリスの会社で、鉄道や長距離バス移動のチケットサービスを展開。各鉄道会社やバス会社のサイトでチケットを購入するよりも安く購入できるため、イギリスでは広く浸透しています。

元は、Thetrainline.comとして1997年にイギリスの多国籍企業であるVirgin Groupからスピンオフで設立された経緯があります。最近では、パリに拠点を置く競合他社「Captain Train」を買収し、大陸側でのチケット販売網の拡大や、内部システムの拡充など、成長が見込まれている企業、サービスでもあります。

 

安くチケットを購入するには?

英国の鉄道事情は非常に複雑です。

イギリスには、「Operator」と呼ばれる鉄道運行会社がたくさんあります。例えば、Heathrow Express、South Western Railway、Thameslinkなどです。そしてそれら各社をATOC(イギリスの列車運行会社協会)に加盟する旅客列車運行会社の統一ブランドである「National Rail」が管理している、といったような体系になっています。

少し無理に例えるなら、小田急も名鉄も近鉄もJRが管理している路線を使い、各社間に改札は無く同じチケットで乗れる、という感じです。

National Rail のマーク

話が逸れましたが、運行が複雑でもあり、そして料金体系も複雑。購入する時期によって価格や割引率にかなり差が出てくるからです。

そこで、チケットを安く購入するちょっとしたコツがこちら。

①なるべく早く予約する

【事前購入割引(Advance)】
事前にWEBサイトで購入すると割引があります。ですので、旅程が決まっているなら、チケットも早めに予約しておきましょう。

②オフピークの時間帯に乗る

【オフピーク割引(Off Peak)】
通勤・帰宅時間帯のピーク時以外の時間が「オフピーク」です。この時間に発着する便を利用すれば、安く乗車券を購入できます。

 

チケットの購入方法

では本題です。trainlineでのチケットの買い方をご説明します。

今回は、ロンドンのヴィクトリア駅から南の海沿いの街ブライトンまでの行き方でご紹介します。

クリックで拡大可

まずは、trainlelineのHPへアクセス。(https://www.thetrainline.com/

そして上の画像のように、出発地、到着地、片道か往復などのチケットの種類、出発日と時間、乗車人数などの必要情報を入れて検索をします。

ロンドンからブライトンまでは、電車とバスの2通りのアクセス方法がありますので、両者をそれぞれ比較もしてみたいと思います。

 

電車チケット

まず、画面上のタブで電車とバスの購入画面が切り替わります。

そして、各便やそれぞれの運賃が出てくるので、希望のものを選択します。

「Off-peak」や「最低価格」も表示されるので色々と比較してみてください。

次に、シートの選択画面。

そしてチケットの受け取り方法ですが、これは駅で行います。駅に行き、構内にある発券機で手に入れるか、窓口かで行います。

自宅近くの駅でもできますし、もちろん乗車予定の駅でも構いません。

 

最後に支払い方法を選択して予約完了です。

 

 

発券:駅の窓口か発券機で受け取り

そして、予約チケットを忘れずに事前に発券しておきます。

こちらの画像は「London Victoria」駅構内の券売機です。

最初の画面の「Collect prepaid tikets」を選択し、予約番号を入力すれば発券されます。

 

バスチケット

次にバスチケットの予約画面です。英語では「coach」と言います。

電車よりも格段に安いですがもちろんその分移動時間はかかります。

チケットは、電車時のように自分で発券する方法ではなく、便利なeチケットです。

あとは支払いを済ませるだけ。簡単です。

 

発券:Eチケット(PDF/プリントアウト/アプリ)

あとは、乗車当日に運転手さんに提示できるよう何かしらの手段でeチケットを手に入れておきましょう。

プリントアウトして紙で用意しておくのも良いと思いますが、アプリを使って携帯に表示させるのが便利だと思います。

このQRコードを乗車時に提示します。

 

trainlineアプリを手に入れておこう

イギリスに長期で滞在するのであれば、各都市など色々と移動があると思いますので、trainlineアプリを手に入れておくと後々便利かと思います。

ダウンロードはこちらからできます。

Trainline: Travel UK & Europe
無料
(2018.07.21時点)

App Store

posted with ポチレバ

 

先にも述べたように、イギリスの交通網は何かと複雑ですが、trainlineを使えば全く問題ありません。上手く活用してみてくださいね!

ちなみに、今回の予約での経路「ロンドンーブライトン」の経路も記事にしていますので、参考にしてみてください。

【関連記事】

ロンドンからブライトンへの行き方(電車&バス)
「片道2時間弱。海沿いの町、ブライトンへのアクセス方法をご紹介!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;...

 

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<p style=”text-align: center;”><strong>スポンサー リンク</strong></p>

<style>.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @media (max-width: 414px) {.ad_728_90_336_280 {width: 336px !important;height: 280px !important;}}.ad_728_90_336_280_ins {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @media (max-width: 414px) {.ad_728_90_336_280_ins {width: 336px !important;height: 280px !important;}}</style>

<div class=”ad_728_90_336_280″>

<ins class=”adsbygoogle ad_728_90_336_280_ins” style=”display: block;” data-ad-client=”ca-pub-7863478013928672″ data-ad-slot=”3366321562″ data-ad-format=”auto”></ins>

</div>

簡単ですが今回はこの辺で。ではまた次回!

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください