格安携帯キャリア giffgaff(ジフガフ)の契約手順【イギリス】

「イギリスの格安携帯キャリア giffgaff の契約方法をお伝えします。」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
イギリスの格安携帯キャリア giffgaff の契約方法をお伝えします。

 

こんにちは。オーストラリアとカナダに続き、ワーキングホリデーで3ヶ国目のイギリスに滞在しています、たかむね(@takaholi29)です。

さて、現地で暮らすにあたって必要なものということで、以前携帯電話に関するこんな記事を書きました。

イギリスの携帯電話/通信キャリアまとめ 2018
「これを読めば、イギリスの携帯電話事情を掴めます!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto...

 

 

そして、料金の安さと面倒な手続きが無い方法を重視する僕が選んだ通信キャリアが「giffgaff(ジフガフ)」。そこで今回は、この giffgaff のSIMカードのオーダーから自分でアクティベートして実際に使えるまでの手順を解説したいと思います。

ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

まずプランを決める

以前の記事「イギリスの携帯電話/通信キャリアまとめ 2018」でも触れている通り、僕が通信キャリアを選ぶ基準は、料金の安さかつ面倒な手続きが無い、という点です。

そこで選択したのが、料金最安の「giffgaff」のPay As You Goのプリペイド方式です。「giffgaff」は実際の店舗が無く、SIMをオーダーしてから自宅に届くのに数日かかったり、全ての作業をインターネット上で自分で行わなければならないのがネックですが、そこをクリアできるのであれば、かなり使い勝手の良いキャリアだと思います。

 

giffgaff のプラン

https://www.giffgaff.com/sim-only-plans

こちらが、「giffgaff」のAs You Pay Goのプランです。

僕は、「データ:3GB/電話:unlimited/テキスト:unlimited」月£10のプランにしました。

とりあえずのところこのプランで使ってみて、データ容量が物足りなく感じたら、月£20のデータ容量も無制限のプランに変更したいと思っています。

 

比較:Three のプラン

さて、比較として、「Three」のAS Pay You Goのプランも載せてみました。「Three」も利用料金が安いキャリアです。そして両者独自のプランもありますが、同じ月額料金のプランを比べてみました。

 

giffgaff と Three の共通料金プランの比較

月£10
giffgaff:「データ:3GB/電話:unlimited/テキスト:unlimited
Three:「データ:1GB/電話:unlimited/テキスト:3000通

月£15
giffgaff:「データ:6GB/電話:unlimited/テキスト:unlimited
Three:「データ:5GB/電話:unlimited/テキスト:3000通

月£20
giffgaff:「データ:無制限/電話:unlimited/テキスト:unlimited
Three:「データ:12GB/電話:unlimited/テキスト:3000通

 

このように、giffgaffの方が明らかにお得ですね。

Threeのメリットとしては、実店舗がありそこでスタッフさんが対応してくれるので、その点を重視されるのであれば、Threeも使ってみる価値は十分にあるキャリアだと思います。

 

手順①:giffgaff のSIMをオンラインでオーダー

では、実際の流れですが、まずはSIMをネット上で注文します。

 

https://www.giffgaff.com/sim-only-plans

↑ このURLのページから、好きなプランの「Select」ボタンを押します。

 

 

↑ そして、名前とメールアドレス、住所を記入し、「Order your free SIM」を選択。上の画像にも書かれている通り、「午後5時までに注文すれば、翌日には届く」そうです。住所は、一時滞在のホステルなどでも問題ありません。

 

注文が完了すると、上のようなメールが届きました。

以上でオンラインオーダーは完了。少なくとも数日以内には届くSIMを待ちます。

 

手順②:届いたSIMをアクティベート

SIMが手元に届いたら、次は使えるようにアクティベートする必要があります。

こんな感じでSIMが届きます。標準SIM、microSIM、nanoSIMと一体になっています。

 

左上に表示されるキャリア名が「No Service」から「giffgaff」に変わりました。そしてメッセージ内にあったリンク先から、アクティベートのセッティングに進みます。

ちなみに、SIMを挿さなくても、HPのこのページからもアクティベートは可能です。
https://www.giffgaff.com/activate

 

そして、シリアルナンバーを入力します。上の画像の説明の通り、郵送されてきたSIMに書かれているActivation Codeがそれにあたります。6桁のものでも、13桁のものでも、どちらを入力しても構いません。

 

そして、プラン選択の画面になるので、月£10のプランを選びます。

続いて支払い。いくらチャージするかという選択ですが、とりあえずここも£10にしておきました。

「Pay Now」を押して、次に進みます。

ここで、支払いの情報を入力します。「Activate your SIM」をクリックすると、次に最終確認画面に進みます。

 

「Continue」を選ぶと、支払い処理になり、

↑ 処理中、、、↑

 

以上で、アクティベートが完了。これで、テキスト、通話、データ通信が可能になりました。

 

捕捉:APN設定について

さて、アクティベートが終了した後に出てくる下の画像にも書かれていますが、インターネット接続は自動的に設定されます。

ですが、Wifiではなく、4Gや3Gの環境下で仮にインターネットに接続できない場合は、自分で「ANP設定」をしましょう。上の画像の「ANP」「Username」「Password」をまずは覚えておいてください。

ANP(Access Point Name)」とは、インターネットのサーバーに接続する際に必要な設定であり、これをしないとデータ通信は使えないので、インターネット接続のために必要不可欠なものです。

giffgaffのようなMVNO(*1)は、他社からインターネット回線を借りているだけで、サーバーは各MVNOで違います。そのため、MVNOのサーバーを通してインターネットが利用できるように、各端末で各自がAPN設定をしてインターネットを接続できる状態にしなければいけません。

■*1 MVNO・・・仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)。他社から無線通信インフラを借り受けて、音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者。giffgaffの場合は02から回線を借りている。

 

そこで、iPhoneでの設定方法をざっとお伝えすると、まず設定画面に飛びまして、

「Cellular」から、

「Cellular Date Option」を選択し、

「Cellular Date Network」を選択すると、「ANP」の設定画面になります。

ここで、先ほどの、「ANP」「Username」「Password」を入力すればオッケー。これで、Wifiに接続していないときでもインターネットにつなげるはずです。

 

ということで以上、giffgaffの契約手順の説明でした。この記事があなたのイギリス生活のお役にってば幸いです。

ではまた!
 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です