【宿泊レポ】快適サーファーズパラダイス宿「Gold Coast Backpackers」 @ゴールドコースト【オーストラリア】

「ビーチまで徒歩3分。サーファーズパラダイスに宿泊するならオススメはここ!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
ビーチまで徒歩3分。サーファーズパラダイスに宿泊するならオススメはここ!

 

こんにちは、オーストラリアワーホリを終え、日本に帰国中の、たかむね(@takaholi29)です

以前に1軒お伝えしたバッパーレビュー、ゴールドコースト編ですが、第2弾をお送りしたいと思います。

【関連記事】

「開放的で賑やかな雰囲気を楽しみたいなら、Budds In Surfersに泊まりましょう」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !...

 

今回は、その名の通りの「Gold Coast Backpackers」 です。

最寄りのトラムの駅から歩いて30秒。さらにSKY POINTがあるQ1ビルディングは目の前。その1階にお寿司さんもありますよ!

ここは、非常に落ち着ける共有スペースがあります。そして親切でお茶目な感じの受付のおじさんがもてなしてくれます。

昼間はゴールドコーストを満喫して、夜はバッパーでゆっくりくつろぎたい方にオススメです。

ではレビューです。いってみましょう!

 

宿泊の予約は、最後に各ブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ
2,000円がキャッシュバック
のBooking.comプログラム特典もご利用いただけます。

 

スポンサー リンク

 

「Gold Coast Backpackers」の魅力

魅力❶:駅から徒歩30秒&ビーチまで1分の立地

gcb_map

▲クリックで拡大できます

地図の通り、トラム(G:link)の「Surfers Paradise Sta.」駅から30秒。プラットフォームからバッパーが見えてしまいます。そしてビーチも目と鼻の先です。地図の右側は、それはそれはオーサムなビーチ!

GCB_appearance02 kuro

最寄り駅はトラムの「Surfers Paradise sta.」。バッパーまで歩いて30秒。一瞬で着きます。

また目の前にはQ1ビルディング。この77階に「SkyPoint」という360度見渡せる展望台があります。ちなみに$22かかります。。。

Q1 GCB_reception

そしてレセプションがこちら。

オーナーであろう中東系のお茶目なおっちゃんがいます。たいていヘッドフォンをつけてパソコンをいじっていますがこちらに気づくと、親切に対応してくれます。

ちなみに、チェックイン時に必ず言われることがあります。

「部屋にあるシャワールームだけど、必ず扉を閉めて使ってくれ。さもないと、警報がなって消防に通報がいくからな。ヨロシク頼むぜ、あんちゃん!」

 

魅力❷:静かでゆったりできる共有スペース

GCB_public01

このレセプションの前が共有スペース⬆︎になっています。

テレビがある窓際⬇︎と、

GCB_public02 GCB_public03

その横の、レセプションの目の前のソファー。⬆︎

さらに館内奥、キッチン前のスペースにはプールテーブル。⬇︎

GCB_public04

外にはテラス⬇︎があり、喫煙者はこちらで。

GCB_public05

バッパー内を通して音楽などBGMは一切かかっていないので、落ち着いた雰囲気が流れています。

昼間からここでゆったりと過ごすのも、なかなか良いですよ。ゴールドコーストは小さな町ですからね。目ぼしい観光地もすぐに回れてしまうので、こんな時間の使い方もありです。

 

「Gold Coast Backpackers」の難点

難点❶:アジア人の利用が比較的多い

韓国人、中国人をけっこう見かけました。そして日本人比率も高いです。

そして、良いか悪いか、レセプションのおじさんの配慮で、日本人は同じ部屋に固められる傾向があります。

僕はここに2度このバッパーを利用しましたが、2回ともルームメイトになったのは日本人プラス韓国人。

海外で日本人と知り合うのも、ワーホリのメリットだとは思いますが、(個性的な人が多く面白い)西洋人ときっかけを持とうとすると、共有ルームで 話しかけなければ、その機会を得るのはなかなかな難しいかもしれません。

 

難点❷:ドミトリーの部屋はかなり狭い

施設は全体的に白を基調としていて、清潔感があります。しかし、唯一の欠点は、部屋が非常に狭い!

では、内部レポート行ってみましょう。

GCB_inside01階段を上がり、2階の客室フロアの扉を開けると、このような通路が現れます。⬆︎キレイですけど、すでに狭いので、閉塞感に圧倒されました、僕は。

GCB_inside02

部屋の扉を開けると、、、「狭っ!」。バックパックとか、キャリーケースとか置いたら、本当に動線もなくなるくらい狭いですから。。。

窓側から入口の方の写真もパチリ。⬇︎

GCB_inside03左に見えるスペース⬆︎が、トイレ兼シャワールームです。この扉が、レセプションのおっちゃんが言っていた扉です。

GCB_inside04
GCB_inside05やっぱり中も狭い。。。

 

☝︎たかチェック☝︎

では、最後に「たかチェック」を!

※ 「たかチェック」 とは?
 →様々なバッパーを利用してきた僕が重視する重要ポイント☝︎

 

❶無料Wi-fi完備か(部屋でも繋がるか)

→あります。ただし、部屋ではつながりません。共有スペースのみでの使用になります。

GCB_wifi

ネットワーク名とパスワード

レセプションに置いてあるので、チェックイン時に写メを撮っておきましょう。

 

❷電源が各ベッドに設置されているか

されていません
マルチタップはありましたが、延長コードはなかったので、もし2段ベットの上になったら、なかなか不便だと思います。

 

❸落ち着いてくつろげる共有スペースがあるか

前述の通り最高のくつろぎ感です。

 

❹キッチンが広くて使いやすいか

広く使いやすい
あまり調理をしている人もいなかったので、使い勝手は悪くないかと。ちなみに清潔です。

GCB_kitchen GCB_kitchen02

最近取り替えられたばかりの新型IHヒーター

 

❺無料の朝食サービスの有無

ありません

GCB_kitchen03コーヒーとお茶は無料です。そんなに美味しいものでもありません。

 

その他❶:ランドリールーム

GCB_wash

 

その他❷:Q1ビルディング1階の「大阪寿司」

GCB_sushi shopワーホリの日本人がけっこう働いています。過去には自分の知り合いも何人か。

 

まとめ:マイペースに時間を使いたい人向けのバッパー

最大の欠点、「部屋が狭い」という点さえ気にならないのであれば、利用する価値は十分にあるバッパーです。

「寝るだけ、シャワー浴びるだけ」というスタンスで部屋の利用を割り切れるなら、昼間はゴールドコーストを満喫して、夜はバッパーの共有スペースでゆっくり自分の時間を楽しみましょう。

以上、ゴールドコーストのバックパッカー、「Gold Coast Backpackers」の紹介でした。

バッパー紹介・ゴールドコースト編は、もう1件紹介する予定です。まだ全然書けてないので、いつアップ出来るかわかりませんが。。。またそのうちに。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。この情報が少しでも役に立てば嬉しい限りです。

ではまた!

GCB_signboard

Gold Coast Backpackers(ゴールドコーストバックパッカーズ)

23点(30点満点)
●料金  :★★★
●立地  :★★★★★
●設備  :★★★★
●スタッフ:★★★★★
●快適さ :★★★★
●英語環境:★★

【Adress】: 28 Hamilton Road, Surfers Paradise, Gold Coast, QLD 4217
【TEL】: +61 7 5592 5888

 

 

★予約はこちらのリンクから(キャッシュバック特典あり)

2,000円がキャッシュバック!Booking.comプログラム特典はこちら
★︎ https://www.booking.com/s/34_6/7fc7c17e

 

 

▶︎ agoda : Gold Coast Backpackers(ゴールドコースト バックパッカーズ)

▶︎ Booking.com : Gold Coast Backpackers(ゴールドコースト バックパッカーズ)

▶︎ Hotels.com : Gold Coast Backpackers(ゴールドコースト バックパッカーズ)

▶︎ Expedia : Gold Coast Backpackers(ゴールドコースト バックパッカーズ)

▶︎ エアトリ : Gold Coast Backpackers(ゴールドコースト バックパッカーズ)

 

@ゴールドコースト/その他のバックパッカー記事

「開放的で賑やかな雰囲気を楽しみたいなら、Budds In Surfersに泊まりましょう」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

たかむね

オーストラリア、カナダ、イギリスと現地で働きながら海外放浪生活中。これまでの渡航国は25ヵ国ほど。その旅情報をブログにまとめたり、前職の映像関連の経験を活かしての動画作成、写真などが趣味。最近の関心事は台湾文化と中国語学習。