ロンドン市内からルートン空港への行き方【イギリス】

「ロンドンからLCCに乗るなら、ルートン空港は外せません!」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
ロンドンからLCCに乗るなら、ルートン空港は外せません!

 

こんにちは。3か国目のワーホリ、イギリスへの入国期限を迎えてしまったので、滞在中のカナダ・トロントからとりあえず大西洋を渡って渡英しました、たかむね(@takaholi29)です。

さて以前の記事通り、今回のイギリス訪問の目的は現地でのIDとなるBRPカードを入手するため。

【関連記事】

ついに渡英!入国とBRP受け取りレポート/イギリスワーホリ2017YMS
「まさかこんなことになるとは予想だにせず。。。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @...

 

 

そしてそのミッションを達成した翌々日、入国から3日目にして早くもイギリスを出ます!この国には来年に1年以上滞在する予定ですので、今回の貴重な1週間の休みの残りを別の国で過ごします。ということで空港へ移動の内容が今回の記事です。

向かうはロンドン中心部から北へ約50キロの場所に位置するルートン空港。もともとはロンドン郊外の小さな空港でしたが、現在では数多くのLCC(格安航空会社)が就航しています。旅好きの方々、かつ僕のようにお金が無い貧乏トラベラーにLCCは欠かせませんよね。そんな航空会社がこぞってハブにしているロンドンの空港。ここへのアクセス方法を知っておくのは必須ですよね。

ということで、ロンドン市内からルートン空港へ向かいましょう。非常〜に簡単です。ではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

まずはセント・パンクラス駅へ

最初に路線図を見て、ルートを掴みましょう。

▲クリックで拡大可能

ロンドン市内にはいくつか主要な駅があります。そのうちの1つがセント・パンクラス駅です。この駅は、英仏海峡トンネルを通ってイギリスとヨーロッパ大陸を結ぶ国際列車・ユーロスターの駅でもあります。今回はここからテムズ・リンクという運行会社の列車を利用し、ルートン空港へ向かいます。

上の画像の通り、「London St. Pancras International」から一本で「Luton Airport Parkway」へ行き、そこから無料の空港シャトルバスに乗り換えるだけの、シンプルルートです。

こちらがセント・パンクラス駅の外観。場所は下の地図を参照ください。

 

 

 

ロンドンの主要駅の一つですが、そこまで大規模なものではありません。僕の地元、JR名古屋駅の方がはるかに大きい。そう考えると、日本の駅って「スゴい」んですよ。

知ってますか?余談ですが世界の駅別乗客数ランキング」において、1位から23位までを日本の駅が独占し、24位にようやくフランスのパリがランキングに入ってきますからね。

さて、こちらはユーロスターの電光掲示板。フランスのパリに、ベルギーのブリュッセル。行きたいですねー。僕はまだヨーロッパ大陸に足を踏み入れたことがありません。。

そしてこちらがテムズ・リンクの電光掲示板。ルートン空港はもちろん、南のガトウィック空港へもアクセスできます。

 

自動券売機でのチケットの買い方

ここがテムズ・リンクの改札です。その横に3台券売機が設置されていました。⬇︎

購入は非常に簡単でした。

片道なので、「シングル」チケットです。ボタンは「Luton Airport Standard Anytime Day Single £15.70」

あとは、必要枚数を入力するだけ。

現金払いならお金を投入、カード払いなら差し込みましょう。

僕はクレジットカードで。

そして無事にゲットできたチケットがこちらです。これで先ほどの自動改札を抜けます。

チケットの回収は忘れずに。投入口すぐ前方、上に向けて飛び出てきます。日本のように改札を抜けた先ではありませんよ!

 

実際に乗車してみました

ルートン空港はロンドン市内から北です。向かうはNorthboundのプラットフォームBですね。

ひたすら看板をフォローします。ここは左折。

結構な頻度で運行しているので、少し待ていると電車が到着。

1時間もせず、のんびり車窓からの風景を楽しんでいると、あっという間に「Luton Airport Parkway駅」に到着です。

この駅構内にもたくさんの案内板があるのでひたすらフォローして進みます。

この改札にもチケットを通し、出口を出るとすぐにシャトルバス乗り場です。

乗車時間は10分ほど。

あっという間にルートン空港に着きました。

ここはイギリスの格安航空会社、easyJetが拠点にしている空港。このオレンジ色の建物はそのイージージェットの格納庫のようです。デカい!

これは離陸時に機内から撮った格納庫の画像。

空港前は色々なバスが停まっていました。ちょっと詳しくは分かりませんが、ここから各地にアクセスできるようです。

デパーチャーエリアはそのバス停から歩いて目と鼻の先。

こちらです。そして無事にルートン空港に到着したのでした。

このとき時刻は19時過ぎ。そして僕の乗る便は翌朝06:15。そう、前日乗り込みの今夜は空港泊。ということで次回の記事は、5か月前のピアソン国際空港以来のスリーピングエアポートシリーズ。こちらロンドン・ルートン空港内で快適に夜を明かす方法をご教授致します。実際は寒すぎて全然寝れなかったんですけどね。。

今回も読んでいただき感謝です。以上、「セント・パンクラス駅からルートン空港への行き方」でした。

ではまた次回。

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください