flybusで約1時間/ケプラヴィーク国際空港 〜 首都レイキャヴィーク 交通アクセス【アイスランド】

「アイランドじゃないですよ、アイランドですよ、バイキング発祥の。」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
アイランドじゃないですよ、アイランドですよ、バイキング発祥の。

 

こんにちは。2か国目のワーホリ、トロントのローカルカフェに勤務し、カナダ入国から6か月が経過しました、たかむね(@takaholi29)です。

来年に予定している3か国目のワーホリ・イギリスへの入国期限を迎えてしまったため、そのIDとなるBRPカードだけを受け取りに、現在1週間の休暇をもらい、3日間のみ英国に滞在しました。

【関連記事】

2017 イギリスワーホリビザ(YMS)に当選!WH3カ国目が決定
「ワーキングホリデー、どこの国に興味がありますか??」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 au...
ついに渡英!入国とBRP受け取りレポート/イギリスワーホリ2017YMS
「まさかこんなことになるとは予想だにせず。。。」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @...

 

 

そしてです。トロント滞在中ここまでの半年間、ずっと仕事しかしてきませんでした。残りの6か月のトロント生活のモチベーションを維持するためにも、今回の休暇を大いに利用し残りの4日間は別の国を訪れようと飛行機に飛び乗ったのが今回です。

行き先は、スカンディナヴィア半島の西にある北欧の一国、アイスランド。とある理由で10年以上前の学生の頃から非常に強い興味をこの国に持っていました。しかし、時間・金銭的余裕・日本からの物理的距離など色々とハードルがあり、なかなか訪れることが叶わなかったのですが、今回が最善のチャンスと思い、ついに念願の地に降り立つことになりました。このブログのコンセプトは、「海外旅行・生活情報」を提供するものなので、旅行記のような内容は書きません。ですので今回も情報的価値がある内容で。

ということで、同国最大の空港「ケプラヴィーク国際空港」から首都・レイキャヴィークへのアクセス方法をご紹介します。手段は簡単にバス1本。景色を楽しみながら1時間もせずにあっという間の到着。

それではいってみましょう。

 

スポンサー リンク

 

アイスランド最大の空港「ケプラヴィーク国際空港」

人口およそ30万人の国、アイスランド。首都・レイキャヴィーク一帯には、その人口の2/3もの人々が暮らしています。そして同国最大の空港が、レイキャヴィークから西に約50キロの場所に位置するケプラヴィーク国際空港です。

ロンドン・ルートン空港からeasyJetでアイスランド入り。

ケプラヴィーク国際空港では、もちろんナショナルフラッグキャリアを目にすることができました。

「北欧」ということもあってか、空港内はシンプルだけど洗練されたデザイン。

アライバルゲート直前にはこんな絵が迎えてくれます。

 

ケプラヴィーク国際空港 ▶︎ レイキャヴィーク/ flybus

ではここからは空港からのアクセス方法です。

レイキャヴィーク市内へはバス移動がもっとも一般的な交通手段。「Reikjavik Excrusion(レイキャヴィーク・エクスクルージョン)」という会社の「flybus」です。ちなみにこの国には電車はありません。

チケット売り場は、画像で囲った到着ゲートを抜けたすぐの真正面にありました。

往復で買うと安くなりますが、とりあえず僕は片道チケット。レイキャヴィークのバスターミナル「BSI Bus Terminal」行きです。単純に、「レイキャヴィークへ行きたい」と伝えれば購入することができます。

ここから、観光名所の一つ、ブルーラグーンへもバスが運行してもいます。

片道切符の値段は、「2,500アイスランドクローナ」。2017年9月3日現在の相場は1アイスランドクローナが約1.05円。ですので、ほぼ2,500円ということですね。

チケット売り場のカウンターに、レイキャヴィーク市内のマップも置いてありますので、こちらも入手しておきましょう。あとあと結構観光に役立ちましたからね。

 

そして肝心のバス乗り場です。

空港を出ると上の画像のような風景。バス乗り場は、直進した駐車場の中央部あたりと右手にももう一つ。レイキャヴィーク行きは後者のバス乗り場です。

こちらです。

10分おきぐらいに運行していました。

車内はありがたいことにWiFi完備。

バス車内から空港を見るとこのような感じです。丸印が空港の出口。ですのでバス乗り場は目と歯の先です。

では出発。およそ60分の移動時間。

 

そしてはい。こちらが「BSI Bus Terminal」です。最寄りのホテルなどへは、ここから別のバスに乗り換えて送迎してもらえます。

こちらがバスターミナル内。やっぱり、サッパリした内部です。

 

レイキャヴィーク ▶︎ ケプラヴィーク国際空港/ flybus

帰りも同じルートですね。

バスターミナル内のチケット売り場。往路と同じく、2,500アイスランドクローナで空港へ。

今回はちゃんとしたチケットでした。笑


この日は、平日の昼過ぎに乗りましたが、満席でした。隣の席になった韓国人の大学院生と仲良くなり、空港までの道中、彼はよくしゃべるしゃべる。

気づいたらあっという間にケプラヴィーク空港でしたとさ。

以上、ケプラヴィーク国際空港 〜 レイキャヴィーク間の交通アクセスでした。訪問の際に参考になれば幸いです。それでは素敵なアイスランドの旅を!次回もアイスランド情報をお届けします。

 

スポンサー リンク

2 件のコメント

  • 来月1人でアイスランド行くのでとても参考になりました!

    1つ質問なのですが、
    チケットを買う際、時間指定はできるのですか?

    往復チケットを購入しようと思ってるのですが、、、、

  • ▶︎よっぴさん

    コメントありがとうございます!

    そうですね、おそらくですが、空港からのバスは運行間隔も短いので特に時間指定はないようですが、市内のバスターミナル発の便は時間指定が可能のようです。

    本文内にもそのリンクを張っていますが、運行会社の「Reikjavik Excrusion」のHPから往復チケットを購入しようとすると、「空港▶︎バスターミナル」の便の時間指定欄が「Flexible」一択しかないのに対し、「バスターミナル▶︎空港」の便のそれは、タブが新たに開かれ、時間を指定できるようになっているからです。

    一度お試しください。素敵なアイスランド旅行を!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください