【宿泊レポ】深圳 / マンションの一室がおしゃれな宿「Giraffe Youth Hostel」ホステル@深セン【中国】

「日本では考えられない中国クオリティーを現地で経験してみたくないですか?」

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
日本では考えられない中国クオリティーを現地で経験してみたくないですか?

 

こんにちは。だだいま「カナダワーホリ前旅行」中、現在は中国の深圳に滞在しています、たかむね(@takaholi29)です。

今回はこの街に一泊したのですが、色々と中国クオリティを感じたなかなか貴重な経験のホステル滞在でした。予約した「ユースホステル」を見つけるのに1時間、見つけ出したと思っても、そこがホステルなのか確信できず右往左往し1時間。そんなこんなで苦労したストーリーが今回です。

僕がいつも使っている格安ブッキングサイト「アゴダ(agoda)」調べると、こんな画像が出てきます。このおしゃれ感に惹かれて予約したわけですが、とりあえず、施設自体は比較的キレイで快適。かわいい猫も2匹いて、結果として有意義な滞在でした。

では早速いってみましょう。

 

宿泊の予約は、最後にブッキングサイトのリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ

 

スポンサー リンク

 

立地 & 最寄り駅からの行き方

「ジラフ ユースホステル」の最寄駅は、深圳の地下鉄・グリーンで色分けされている1号线岗厦(こうか/ガンシャア)」駅の、目の前です。

地図を見た僕の第一印象は、「こりゃ駅降りたらあっという間に到着だな!」。まさか駅到着から2時間くらいは歩き彷徨うことになろうとは。。

ちなみに、深圳での地下鉄の乗り方についてはこちらの記事を参照ください。

【関連記事】

【深圳での地下鉄の乗り方】トークン& ICカード「深圳通/互通行」@深セン【中国】
「中国・深圳での地下鉄の乗り方をお教えします!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @...

 

 

岗厦(こうか/ガンシャア)」駅の改札を抜け向かうのは「B」の出口。

⬆︎上の画像のように、右回りにUターンします。というかこの道しかありません。

すると目の前にビルが見えます。4棟ほどあるのですが、これが高層マンションとなっていて、入り口は矢印の方面、メイン通りの裏側になります。

こちらが、メイン通り側。ショッピングモールみたいになっています。

こんな感じで、今回のユースホステルの看板があると勝手に思い込んでいた僕は、ここから約1時間周囲をウロウロし入り口を探しました。しかし、マジで見つからない。。。

そこで、ユースホステルの住所の画面を見せながら、片言の中国語を使い、いろいろな人に体当たりで聞いていきました。

「你好。請問,我想去這裡。」(こんにちは。すみません、ここに行きたいんですが。。。)

しかし、「分かんねなー」とあしらわれること多数。というのも、漢字表記の住所ではなく、アルファベットのピンイン表記の住所を見せながら、聞いてしまったのが最大の敗因でした。花屋のおねいさんには、「なんでピンインなのよ!」みたいなことをサラっと言われる始末。涙

郷に入れば郷に従え。文字を中国人に見せる場合は、必ず漢字を見せましょう!!(今回の教訓)

 

これがGiraffe Youth Hostelの詳細 記事一番下にも同じものを載せておきます

 

ということで、裏道に戻ります。ここから目指すマンションの建物は3棟目です。

こんな感じで各棟が建っています。

まずこちらが1棟目「嘉福阁」。ここは無視して直進。

さらに進んで2棟目「なんとか阁」。この漢字を探してタイプするのも面倒なので、「なんとか阁」で。ここもパス。

この中華レストランの先が目指す3棟目です。

これです!「なんとか福阁」。僕の中国語レベルだと、特にこんな簡体字表記は全然分かりません。原型の漢字は一体何??

とりあえず中に入ります。受付には守衛のおじさんがいますが、簡単に中に入れてくれます。なんなら住所を提示しましょう。

そして、明らかに住人とは異なる人の出入りをかなり目にしました。でっかいスーツケースをゴロゴロ引いて出てくるのです。僕が泊まるユースホステルみたく、おそらく旅行客に部屋を貸しているのでしょう。

ということで目指す階は16F。扉が開くと、、、

マジで普通のマンションです。。。ユースホステルの看板とかは一切ありません。そして、数十秒すると、電気が切れ、一気に真っ暗になります。(あとあと分かりましたが、黄色の矢印の先の部屋が予約したユースホステルの部屋でした。)

「ええ〜。。。本当にここ??というか普通にヤバいところに迷い込んだ気がしてちょっと怖いんですけど。。。」

ビビった僕は、一度地上に戻りました。そして考えます。

「これが中国クオリティーか?ブッキングサイトに架空のホステルを登録しておいて、料金だけだまし取ってるんじゃないの?」

一泊およそ1000円。すでにクレジット決算済みです。しかし、2時間探し回って、またここから新たな宿を探す気力がない僕は、予約確認画面でやっとこさ見つけ出した電話番号にダメ元覚悟で連絡をしてみました。

「どうせ、繋がらないでしょ。。。」

と思った矢先、

「你好。」

「うぉっ、繋がった!」

そして普通に英語が通じたのです。結果、10分後にこの16階でオーナーさんと落ち合うことに。現れたのは、若くて人の良さそうなお兄ちゃんでした。

こちらがブッキングサイトにあったユースホステル「ジラフ ユースホステル」です。

 

内部

共有スペース

中に通されてちょっとビックリ。ポップな感じでオシャレ。ちょっと個人的に好きなタイプの部屋です。

室内は禁煙なので、タバコは奥のテラスで。

目の前のビルは建設中。掘っている穴も丸見えです。夜は近くのビルのネオンも見ることができます。意外とキレイ。

 

かわいい猫が2匹います

室内のおしゃれさはそうなんですが、僕が一番このユースホステルに魅力的を感じたのは、この猫たちがいるからです。まあ、こいつらがお茶目でかわいい。ちょっと遊んでやるとすぐに懐いてきてくれました。僕は1日中猫と遊んでいられるので、彼らがいるのは大きなプラスポイントです。笑

あんまりこの家にはおらず、室内を駆け回っていました

 

キッチン

次にキッチンですが、画像の出窓になっている部分がそうです。

一通り調理器具は揃っているので料理はできます。実際には、近くのコンビニでお弁当を買ってきて、ここの電子レンジでチン、ぐらいでしょう。

また、コンロの横の窓から、隣の部屋の声がかなり聞こえてきます。小さい子供がいるご家族みたいですが、子供を注意する声が、ギャーギャーギャーギャー。多少耳障りなのが難。

 

トイレ兼シャワー

この洗濯機が見えるスペースが、トイレ兼シャワールームです。ちなみに奥のキリンの扉が、女子ドミトリー。

とりあえず、、、、、シャワー浴びたら床が濡れるじゃないですか。その床と便器の床が同じって。。。シャワー後用を足すとき足濡れるじゃん。。。

これがシャワーの給湯器。どれが蛇口か全く分からず、色々なつまみを回したりひっぱたり試行錯誤に数分。。

これが蛇口でした。いやいや、全然わかんないから。ガスの元栓みたいじゃん。

使っていいものなのか良く分かりませんでした。たぶん使って問題ないと思います。

そしてトイレですが、台湾みたく紙は便器に流してはいけません。横のゴミ箱に入れるので、ちょっと臭ったりします。。。

 

男子ドミトリー

そして僕が実際に寝泊まりした部屋へ行きましょう。奥の光が指している部屋がそれです。

これが扉の開き具合マックス。狭いから!

ちょっと狭くごちゃごちゃしていますが、許容範囲。寝るだけなら全然十分です。

ベッドは普通のバッパーみたいな感じ。可もなく不可もなく。枕元にも電源があるので充電も問題無し。日本のプラグタイプ「A」もはめられるようになっていました。ちなみに扉が開きっぱなしだと、結構な確率で猫が入ってきて、布団でくつろぎ始めます。猫好きの僕は大歓迎。

 

女子ドミトリー

こちらは意外と広々とした部屋でした。

 

 

まとめ:感想/詳細/予約方法

以上、とあるマンションの一室にある、ユースホステル「ジラフ ユースホステル」でした。

僕が利用した時の宿泊客は全員中国人、みな英語はほとんど通じなかったので、片言英語とボディーランゲージでの対応でした。しかしみな穏やかで親切。僕を含めて7人ほどの男女が泊まっていたので、意外と日々の利用は多いと思います。実際、中国の検索エンジンで調べてみると、このユースホステルに関して結構な数のサイトが出てきました。もちろんgoogleだとイマイチ。スーツを着て朝出て行った若い男の子もいたので、就職活動か、出張でここに来ていたのでしょうか。よくわかりませんでしたが、普通に宿泊するには、何の問題もない、なかなか快適なユースホステルでした。

予約については、agoda のサイトでしか掲載がないものと思われるので、下記にリンクを載せておきます。

以上、「ジラフ ユースホステル」の宿泊レポートでした。深圳にお越しの際は、通常のホテルではなく、ここを利用してみても良いのではないでしょうか??

ではまた!

シェンヅェン ジラフ ユース ホステル(フーティアン ポート ブランチ
Shenzhen Giraffe Youth Hostel(Futian Port Branch
深圳长颈鹿青年旅舍(会展中心店)

※ 下記リンク先 agodaのサイトには「フーティアン ポート ブランチ(Futian Port Branch)」と書かれていますが、おそらく間違って記載されていると思います。中国語表記では「福田口岸店」が正しいはずで、これで検索すると、違うホステルが表示されるからです。(おそらく支店)僕が実際に泊まったこのホステルは、「会展中心」駅の次の駅だったので、「会展中心店」が正しい表記かと思われます。

【住所】
Cai Tian Road No.3001 ,Cai Fu mansion Hui Fu building 16 F, Shenzhen, China
(深圳市福田区彩田路3001号彩福大厦汇福阁16F)

【電話番号】
+86-137-2878-8672

 

★予約はこちらのリンクから

▶︎ agoda : シェンヅェン ジラフ ユース ホステル(Shenzhen Giraffe Youth Hostel)

 

@深圳(中国) / その他の記事

香港国際空港から深圳・深センへの行き方/バス&MTR(地下鉄)
「世界一の電気街と言われる深圳に行ってみたくないですか?」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: ...
【深圳での地下鉄の乗り方】トークン& ICカード「深圳通/互通行」@深セン【中国】
「中国・深圳での地下鉄の乗り方をお教えします!」 スポンサー リンク.ad_728_90_336_280 {width: 728px !important;height: 90px !important;margin: 0 auto;} @...

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください