【完全解説】オンタリオ州 運転免許証の取得方法【カナダ】

「日本の運転免許を持っていれば、簡単にオンタリオ州の運転免許証に書き換えられます!」

 

 

スポンサー リンク

 

 

たかむね
日本の運転免許を持っていれば、簡単にオンタリオ州の運転免許証に書き換えられます!

 

こんにちは。トロント滞在が9か月目に入りました、たかむね(@takaholi29)です。

さて今回は、カナダ最大の都市・トロントがあるオンタリオ州の自動車運転免許証の取得方法をお伝えしたいと思います。

トロントで生活している限り、TTCと言う公共交通機関が充実しており車の運転はほとんど必要はないのですが、免許証を持っていればパスポートに代わる身分証明書として機能するため、またもしかすると今後、運転の機会があるかもしれないので、そろそろ取得をしようと思い実際に入手をしてきました。

多少のお金と、取得までのトータル時間が1ヶ月ほどかかるのがちょっとしたネックですが、免許証が必要な方には有益な今回の情報だと思いますので、この記事でシェアしたいと思います。

ではいってみましょう。

スポンサー リンク

 

オンタリオ州の運転免許証を持つメリット

僕が現在滞在しているトロントや首都のオタワでは、日本の運転免許書を持っていれば、オンタリオ州の運転免許書へ書き換えることができます。まずはメリットとデメリットをまとめてみます。

 

メリット

❶ 車の運転が可能

▶︎ 日本で取得した「国際運転免許証」は60日間しか有効ではありません。したがって、長期でカナダに滞在され、かつ車の運転が日常で必要な方は、取得するメリットがあります。

 

❷「IDカード」として使用可能

▶︎ パスポートに代わる「IDカード」として使用ができます。お酒の場での年齢確認や、何か重要な契約の際にも役立ちます。何よりも、海外生活では絶対に失くすことができないパスポートを持ち歩かなくても良いのは大きなメリットですね。

 

ちなみに☝︎:運転をしないのであれば「フォトカード」取得がおすすめ

ちなみに、車の運転はカナダではしないという方は運転免許証でなく、IDカードとしては「フォトカード」の取得をお勧めします。

16歳以上であれば誰でも取得ができ、運転免許書と同等の効力があるため、身分証明書として多くの場面で使用することが可能です。詳しい取得方法は以下のリンク先をご参照ください。

▶︎ 「オンタリオ州フォトカード(ID:身分証明書)の取得方法」Next Step

 

デメリット

● 費用や手間がかかる

▶︎ 運転免許書を取得するには、領事館で英文の証明書を発行申請して後日受け取りに行き、その後別の場所のService Ontarioに行く必要が生じ、それぞれで手数料が必要となります。

 

❶ 在トロント日本国総領事館で自動車運転免許証抜粋証明を取得

オンタリオ州の運転免許証を手に入れるために、まずは日本の運転免許証の英語翻訳された書類が必要となります。申請場所は、ダウンタウンにある「在トロント日本国総領事館」。その「自動車運転免許証抜粋証明」を持ってサービス・オンタリオに行けば、実技試験や筆記試験の必要がなく、視力検査のみで運転免許書を取得することができるのです。

 

用意するもの

領事館で「自動車運転免許証抜粋証明」を申請するにあたり、必要なものは以下の3点。

日本の運転免許証
パスポート
申請料金 $25料金は受け取る際に支払います。申請時には不要です。

 

ちなみに☝︎:「大使館」と「領事館」の違い

ちなみに、「大使館」と「領事館」の違いはご存知でしょうか?カナダにある日本国大使館は、首都のオタワにあります。

大使館の主な役割は、外交政策を担う大使を中心とした使節団が公務を行う場所です。また、日本国とカナダ国の外交を行う場所でもあります。

領事館は海外に住む自国民に対して、「戸籍・国籍」、「在留届、証明」、「パスポート ビザ(査証)」などのサービスを行う場所です。海外版の市役所や区役所ですね。ですのでトロントをはじめ、バンクーバー、モントリオール、カルガリーなど、カナダの各主要都市に領事館があります。また、領事館では大使館とは違い、外交に関する業務は行いません。

 

領事館へのアクセス方法

在トロント日本国総領事館

名称  :Toronto Consulate-General of Japan
住所  :33F TD NORTH TOWER, Suite 3300, 77 King St. W., Toronto, ON, M5K 1A1, Canada
電話番号:+1-416-363-7038
FAX  :+1-416-367-9392
HP︎  :http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/

開館時間  :月曜日~金曜日・午前9時~午後5時
領事窓口時間:月曜日~金曜日・午前9時 ~午後12時30分、午後1時30分~午後 4時30分
但し、各種申請は午前は12時午後は4時までに来館する必要あり

 

最寄り駅はダウンタウンにある、TTC 地下鉄駅「King」「St. Andrew」。両駅のちょうど間ぐらいにあります。

こちらがその外観。TDバンクのノースタワーです。

ここがビルのエントランス。

通常、正面玄関に各階に入居している会社名なり組織名が書かれた案内板があると思うのですが、ここにはそれが無かったため、インフォメーションデスクで領事館の階を伺うと、33階とのこと。一番西側のエリアのエレベーターが33階まで行きます。

33階で降り、右手にすぐ見えるのが在トロント日本国総領事館です。

 

受付にはセキュリティーのおじちゃんがいました。まずは携帯とパソコンを預けられ、セキュリティーゲートもくぐります。オーストラリア・ケアンズの領事館にセキュリティーゲートは無かったんですがね。しかしこのおじちゃん、ちょっと陽気な方で、意外と井戸端会議に花が咲いてしまいました。笑

 

申請方法

手続きは非常に簡単です。窓口で、運転免許証の翻訳を申請したい旨を伝えると、申請用紙をいただけるので、その場で必要事項を記入するだけです。記入項目は以下の4つ。

氏名
生年月日
カナダ滞在先の住所
カナダでの電話番号

 

また、「在留届を出しているかどうか」を職員さんから確認されます。仮に出していなかったとしてもその場で登録をしていただけるかとは思いますが、手続きをスムーズに進めるためにも出されていない方は、在留届を事前に提出しておきましょう。オンラインで簡単にできます。

▶︎ 在留届の申請/外務省「ORRnet」

 

僕は、以前のシェアハウスの住所から新しいものに変更手続きををしていなかったため、職員さんの方で新しい住所に更新していただけました。ありがとうございます。

申請が済むと、上のような引換券が渡されますので、1週間後にまた受け取りに来なければなりません。その際には申請用金を忘れずに。お釣りがないように、ぴったりの金額を用意しておきましょう。

 

後日、領収書とこのような自動車運転免許証抜粋証明を受け取ることができます。

これを持って、サービス・オンタリオへ手続きに行きます。

ダウンタウンにあるCollege駅近くのサービス・オンタリオの詳細情報も紙でいただけますので参考にしてみましょう。

 

 

❷ サービス・オンタリオでドライビングライセンスの申請手続き

領事館で自動車運転免許証抜粋証明を手に入れたら、次は「サービス・オンタリオ」と言う、いわゆる市役所のようなところへ行き、ドライビングライセンスの取得手続きをしなければいけません。

 

用意するもの

サービスオンタリオでドライビングライセンスを申請するにあたり、必要なものは以下の4点。

自動車運転免許証抜粋証明(領事館で入手したもの)
日本の運転免許証
パスポート
申請料金 $90(支払いは、現金、クレジットカード、デビットカードが利用可能です。

 

お近くのサービス・オンタリオを探しましょう

サービス・オンタリオは各地にありますので、自分の都合の良いところへ行けば問題ありません。

ロケーションは、下記リンク先のサービス・オンタリオのHPから探すことができます。

▶︎ "ServiceOntario locations, hours and contact"

 

College駅前のサービス・オンタリオ

僕は、トロントのダウンタウンにある、TTC地下鉄「College」駅からすぐのサービス・オンタリオへ申請に行きました。領事館でもらった案内に記載されていたところですね。

 

777 Bay (College Park) location

住所  :777 Bay Street, Lower level, Toronto, ON
電話番号(Driving and vehicles):+1-800-387-3445
HP︎  :http://www.toronto.ca.emb-japan.go.jp/
開館時間:月曜日~金曜日・午前8時30分~午後5時

こちらがサービス・オンタリオがある建物、カレッジストリート沿い側です。「777 BAY」と大きく記されているのですぐに分かります。

アドレスを見ていただければわかる通り、「Lower Level」ですので、要は「地下」です。建物の奥の方、グローセリーの「Sobeys」前のエスカレーターから降ります。

エスカレーターを降りてすぐが入り口。僕が到着したのは木曜の午前9時過ぎでしたが、結構な人がすでにいました。

中はかなり広いです。今日の営業が始まってまだ30分が経っただけなのにこの人数。

 

申請手順

 

まずは、フロア中央にあるレセプションデスクへ行ってください。ここで運転免許の取得の旨を伝え整理券をもらいます。

「I'd like to apply for the driving license.」と言えば通じます。

こちらが整理券。あとは、フロアのどこでも良いので座って、順番がくるのを待ちます。

施設内にいくつかモニターが設置されており、音声アナウンスとともに、カウンターが告げられるので、その指示通りの呼ばれたカウンターへ行きましょう。

「Now serving C1032 at the counter number 17」と言う具合で呼ばれます。申請内容の違いによって「S」なり「C」なり頭文字が違うようですのでご注意を。

ちなみに僕は、整理券をもらってからカウンターへ呼ばれるまで、1時間半は待ちました。9時から10時半ごろです。最終的に全て手続きが終了してこのサービス・オンタリオを出たのが11時ごろだったのですが、その頃にはさらに多くの人がレセプションデスクにも並んでいたため、昼前後はさらに待ち時間が長くなると思います。ですので、手早く済ませたければ、開館時間の朝イチ・8時半から申請に行くのが最も良いと思われます。

 

さて、カウンターに呼ばれれば、あとは簡単な手続きです。ものの10分ほどで終わります。視力検査から写真撮影まで、このカウンターで全て行われます。流れはこうです。

 

❶ 申し込み用紙の記入
電話番号
質問に回答
サイン(パスポートに記載しているものと同じもの。漢字なら漢字でそのまま書く。)

▶︎回答する質問事項は5点。
①「運転に際してメガネやコンタクトレンズが必要か」
②「運転に影響がある病気にかかったことがあるか」
③「今までにオンタリオ州の運転免許証、またはフォトカードを持っているか」
④「オンタリオ州以外の運転免許証思っているか」
⑤「運転免許証の情報に変更はあるか」

下の画像がその申し込み用紙。ちなみにこれは最後にもらえる控えです。

▲クリックで拡大できます

 

❷ 視力検査
▶︎2項目。望遠鏡のような検査機を覗き込み、
① 表示される番号を読み上げる(視力検査)
② 左右の外側に点滅するイエローの光がどちらに光っているかを答える(視界の広角度の検査)

 

❸ 身長を聞かれる
質問 :「How tall are you?」
回答例:「I'm one hundred sixty seven centimeters.(167cm)」

 

❹ 発行される運転免許証に載るサインの記入と住所
▶︎これも❶の申し込み用紙と同じく、パスポートに記載されているものです。またその紙の裏に、カナダの現住所の記入もします。

 

❺ 写真撮影
▶︎カウンター横にカメラがあるので、その前に立ち撮影。一瞬で終わります。

 

❻ 料金の支払い($90)

 

以上の6項目を終えて、全行程終了。

最後に申し込み用紙の控えと、上記画像の仮運転免許証が渡されます。実際の運転免許証は、約3〜4週間ほどで自宅に送られてきますので、あとは気長に届くのを待つだけですね。

長々と解説してきましたが、以上、オンタリオ州の運転免許証の取得方法でした。

カナダは連邦国家、行政区画は「州(province)」です。今回はトロントがあるオンタリオ州の運転免許の取得方法でしたが、その他にカナダワーホリで人気のある日本人も多いバンクーバーが属するのは「ブリティッシュ・コロンビア州」。ですので、そこでは今回の記事と勝手が異なります。カナダの他州にお住いの方は、その州の手順を確認してみてください。

それでは今回はこの辺で。ではまた。

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください